独立して起業したいと考えたとき、リフォーム業は少ない初期投資で始めることができるため、ハードルが低く多くの人が参入しやすい業界です。また「リフォーム業なら自分でも起業できるかもしれない」と感じる人もいることでしょう。さらに特別な知識がなくても起業することができる珍しい業種でもあります。しかし実際にリフォーム業を始めてみようとすると、「資格を取得することが必要なのかどうか」「特別な手続きを行うことが必要なのかどうか」など分からないことがたくさんあります。また開業後も、どんな方法で集客をすれば良いのかなど疑問点が多く出て来がちです。ここではリフォーム業の開業に向けて知っておくべきことや注意点をチェックしてみましょう。

1.リフォーム会社の経営形態を決めよう

2.リフォーム会社を開業するのに必要な手続きについて

3.リフォーム会社を開業するのには資格が必要?

4.開業にあたり資金はどのくらい準備しておくべきか?

5.リフォーム会社の運営・営業にネットを活用しよう

6.おすすめの集客方法と立地選定の方法

リフォーム会社の経営形態を決めよう

ひとくちにリフォーム会社といってもさまざまな経営の形態があります。まず開業するにあたり決めなくてはいけないことは、「どこか大手企業のフランチャイズとして始めるのか」「どこにも属さない個人経営の会社として始めるのか」という点です。フランチャイズとして始める場合、親会社のノウハウや各種サポートを受けることができます。また有名なブランド名を自分の会社名に付けることができますので、名前を言っただけでどんな会社なのか分かってもらえたり、信用を得やすかったりするというメリットがあります。しかしロイヤリティの支払いが必要となるため、儲けがすべて自分の懐に入らないというデメリットがあります。個人経営であれば儲けはすべて自社のものとなりますが、ノウハウの構築から信用の獲得まで、すべて1から始めなければならないという不安があります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、「どちらのほうが自分には向いているのか、」「商売をしやすく継続していきやすいのか」という点をよく考えて選択しましょう。

リフォーム会社を開業するのに必要な手続きについて

リフォーム会社に限らず、個人で事業を始めたり会社を起業したりするとなると、各種手続きを行う日必要があります。事業を起こすにあたり青色申告ができると節税につながるため、開業後1カ月以内に税務署に開業届を提出し、青色申告をする申請をします。法人登記したい場合は法務局での手続きが必要です。どの程度のリフォームを引き受ける会社にするかによりますが、500万円以上の工事を受注する可能性がある場合は建設業の許可がいります。また従業員を雇用する場合は労働基準監督署へ届け出を行い、社会保険の手続きをします。自宅で開業するのではなくテナントを借りる場合は不動産会社で物件を探して賃貸物件の選定や申込が必要です。リフォームの代金をクレジットカードで決済できるようにする場合はクレジット会社と契約を行わなくてはいけません。手続きや申請が漏れたまま開業して業務が始まってしまうと、あとでトラブルになり、最悪の場合は刑事罰を受けかねません。特に法人登記し従業員を雇う場合は必要な手続きが増えますので、建築業許可について詳しい行政書士や税理士に相談することをおすすめします。

リフォーム会社を開業するのには資格が必要?

リフォーム会社といっても、「営業だけを行うリフォーム会社なのか」「工事施工まで行う会社なのか」によって必要な資格が変わります。開業する前にどの段階までを請け負う会社にするのかを決めましょう。営業だけを行うリフォーム会社で、受注した案件は職人に発注する場合は特別な資格がなくても開業することができます。工事まで行うリフォーム会社の場合で、500万円以上の案件を受注する可能性があるなら建設業許可を取得しなければなりません。建設業許可を取得するためにはいくつかの条件をクリアしなくてはいけませんが、建築士または建築施工管理技士の資格を有する社員が在籍している必要があります。建築施工管理技士の資格を持っている人を雇用したとしても、退職されるとアウトですので、自分が資格を取得するのがベストです。その上で2級建築施工管理技士の資格を取得していると、他社と組んで仕事をする場合に信用を得やすく、仕事を受注しやすくなります。開業前に資格を取得しておくようにしましょう。

リフォームのフランチャイズで独立開業ならコチラ

開業にあたり資金はどのくらい準備しておくべきか?

リフォーム業を開業するにあたり、どれくらいの資金が必要なのでしょうか。リフォーム業は商品を売るのではなく技術を売る仕事であるため、比較的少ない資金で開業することができる仕事です。特に自分ひとりだけが社員というスタイルで開業する場合はそれほど初期投資が必要ないといわれています。しかし開業するにあたりある程度の資金は必要となります。どれくらいの資金を用意すれば良いかというのは、設備投資計画や人員計画、人件費計画によって異なるため、一概にいうことができません。もし建設業許可を得るのであれば、500万円以上の資金を有している証明が必要なため、ある程度規模の大きい工事を受注する可能性がある場合は最低500万円の資金が必要となります。最低当面の運転資金や雑費など500万円以上が必要です。また各自治体では新規に事業を始める人に向け助成金や補助金を出してくれる制度があることが多いです。補助の内容や金額は自治体によって異なりますが、家賃補助がある場合が多いので、開業したい都市の自治体に問い合わせてみましょう。

リフォーム会社の運営・営業にネットを活用しよう

1人1台の割合でスマホやタブレット端末を持ち、知りたいことはすぐにネットで検索することが当たり前となった現代では、ネットは強力な営業ツールとなります。リフォーム会社を開業すると決めたら、まずは自社のホームページを作り、情報を発信していきましょう。ホームページを作成してくれる会社に依頼しても良いですし、ある程度の知識があるのであれば、自分でホームページを作っても良いでしょう。ホームページを作成した後は多くの人の目に留まるようにする必要があります。検索結果で上位に表示させるためにはSEO対策が必要です。業者に依頼してホームページを作成してもらう場合はSEO対策を行ってくれるところを選択し、自分でホームページを作るのならSEOについて勉強をしなくてはいけません。業者にホームページの作成やSEO対策を依頼すると、安いところなら数万円から、サポートが良くおしゃれなデザインのホームページを作ってくれるところなら100万円を超える場合もありますので、予算と相談して決めましょう。またフェイスブックなどSNS上に広告を出すといった方法などで宣伝することもできますし、Googleなどの検索サイトを利用し自社の広告を表示させるという方法で営業をすることもできます。まずはホームページを作るところからスタートし、完成後にウェブを使った営業活動について考えていきましょう。

おすすめの集客方法と立地選定の方法

テスト会社を興してもお客様が来てくれなければ商売になりません。リフォームをしたいと思っているお客様を集めるにはどのような方法が有効なのでしょうか。集客方法として考えられる方法としてはホームページを作りウェブから集客する方法、チラシを新聞に折り込んだりポストに投函したりする方法、訪問営業や電話営業などが思い浮かびます。多くの人がインターネットを使う現在では、インターネットで集客をする方法が最も効率が良いため、内容を充実させた、ユーザー視点が知りたいと思う情報がしっかり掲載されているホームページを作成することが大切です。作ったホームページは多くの人がアクセスしてくれるようにSEO対策をしっかり行い、Web広告を出すとより効果的でしょう。またどこに開業するのが良いかという立地の選定についてですが、工事まで請け負う会社にする場合は資材などを置いておくためのある程度広いスペースが必要になります。また資材搬入・搬出がしやすい場所のほうが良いため、広い道路に面した場所や幹線道路などが近く大きなトラックが出入りしやすい場所が理想的です。

まとめ

リフォーム会社を開業するのは、会社の規模や営業形態にもよりますが、自分ひとりが社員で営業のみを行うのであれば、それほど多くの資金を用意せずとも独立し開業することが可能です。いっぽう大きな工事を受注するリフォーム会社にしたい場合は建設業許可を得るなどの手続きが必要となり、ある程度まとまった資金を用意しなくてはいけません。

この場合は開業するにあたり必要な手続きが多くなるため、行政書士や税理士に相談することをおすすめします。「まずは営業だけをするのか」「工事まで受注するのか」「個人経営でいくのか」「フランチャイズにするのか」などの営業形態・経営形態を決め、会社のホームページを作成するところからリフォーム業企業の準備をスタートしましょう。

リフォームのフランチャイズで独立開業ならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ