今の市場から読み解く、フランチャイズ(FC)加盟について

フランチャイズ(FC)は儲かるのでしょうか?本部に収益が集中するだけなのではないかと言われる中、「失敗しない独立手段」としてフランチャイズが注目されています。終身雇用の基盤の消失が進む現代、大手企業にいても大量解雇などの背景から独立・起業ニーズは依然として伸長を続けています。 しかし、特に飲食業では無名の店舗が開業すると3割ほどは廃業すると言われており、経営を続けること、売り上げを上げることは簡単ではないことがわかる数字です。倒産件数は789件(2009年調べ) 従業員数別では、5人未満が前年比7.0%増の670件(構成比84.9%)となっています。
また、倒産する企業の内訳をみても、1億円未満が693件(同87.8%)と約9割を占めるなど、従業員数や年商で零細規模の倒産がほとんどであり、個人事業での起業・独立がいかに難しいものかを物語っています。

そこで倒産のリスクの低いフランチャイズが注目されています。儲かるビジネスモデルをパッケージ化してあるため、個人で一から事業を起こすよりも効率よく収益をあげられるビジネスモデルが組まれています。もちろんすべてのフランチャイズが儲かるとは言えません。開業・独立までに多くの情報収集が必要になります。
ビジネスモデルの検討には”比較サイト・マッチングサイト”と呼ばれるサイトがあります。数あるフランチャイズ事業の募集から、コチラのサイトからあなたに合った独立プランを探してみるのはいかがでしょうか?

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ
独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ