脱毛サロンを開業する方法には、個人経営か脱毛機器メーカーや大規模な脱毛サロンのフランチャイズに応募することが考えられます。

経営規模が異なるため、開業に必要な資金や準備、経営の仕方など、同じ脱毛サロンでも大分変わってきます。

どれが良いかは開業する人の事情によるため一概には言えません。

それぞれの違いも含めて脱毛サロン開業に必要な情報をまとめましたので、自分の目指すサロンについてこの機会にじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

脱毛サロン開業に資格は必要?

医療従事者のいない脱毛サロンで行われる脱毛法の主流は光脱毛です。

他には糸やワックスを使った施術が可能ですが、どれも取得必須の資格はありません。

しかし脱毛を行う技術者としての資格はいくつか用意されています。

脱毛のプロとしての知識や技術をしっかりと身につけて自分を高めるだけでなく、消費者からの信頼度も高められるため、資格は取得した方がいいでしょう。

ちなみに、脱毛効果が高いとされる医療レーザー脱毛は、医療従事者が常駐する医療機関でのみしか行えません。

個人経営とフランチャイズのメリット・デメリット

個人経営とフランチャイズには、それぞれメリットとデメリットがあります。

小規模に行える個人経営は少ない資金で開業できるのがメリットです。

その反面、個人経営の脱毛サロンは知名度が低いというデメリットもあります。

大手ほど広告費を費やせないため、限られた費用で集客する工夫が必要です。

その点、フランチャイズは知名度の高さが魅力です。

さらに加盟した企業やサロンの経営ノウハウや保険を引き継げるというメリットもあります。

ただし、大手の脱毛サロンのフランチャイズで開業すると、加盟料などの費用を払わなければならないというデメリットがあるため注意しましょう。

開業資金は安くても50万円以上が目安

脱毛サロン経営の人気の秘訣は、ランニングコストの低さにあります。

なぜなら、主なサービスが脱毛のため、消耗品の仕入れが少なくて済むからです。

しかし、開業時は脱毛機器をそろえなければなりません。

新品の脱毛機器の金額としては百万円~数百万円程度かかるため、予算によっては節約のために中古品を購入することも視野に入れましょう。

中古品であれば新品の25~50パーセント程度安く購入できる場合もあります。

レンタルする場合でも数万円~数十万円かかります。

例えば、初期費用が抑えられるとする自宅での開業資金を考えてみましょう。

10万円の脱毛機器をレンタルし、内装には一切お金をかけずに必要最低限の消耗品と広告費だけで始めるとします。

タオルなどの消耗品代を10万円程度、ポスティングや広告掲載のための費用を30万円程度と想定すると開業にかかる初期費用は50万円程度です。

壁紙やカーテン、照明、インテリアなどの内装にお金をかけたい場合は内装費にプラス20~50万円程度見ておきましょう。

この数字から、脱毛サロンを開業するには最低でも50~100万円程度の蓄えが必要だと分かります。

理美容・エステ・ネイルサロンのフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

いかに集客力を高めるかが成功へのカギ

経営を軌道に乗せるためには集客力がポイントになります。

まずはサロンに来てもらえるように、チラシやホームページ、SNSなどさまざまな媒体を使って集客に努めましょう。

最初はお客様に喜ばれるようなオープンキャンペーンなどを打ち出しましょう。

しかし、初回のお客様が増えてもリピーターがいなければ経営の雲行きは怪しくなてつぃまいます。

新規客だけでなく顧客も喜ばせるような新しい企画を常に考えて発信していくことも大切です。

また、特に個人サロンの場合はアットホームである反面、閉鎖的でもありますので集客には工夫が必要です。

例えば、口コミは信頼性のある情報として大きな影響力を持ちますので、お客様に書いてもらうようにしましょう。

店内の写真を掲載したり、ブログで情報を発信することも、具体的なイメージを持ってもらいやすくなるうえに安心感をもってもらえるので有効的です。

集客には、自身の技術力の向上はもちろんのこと、常に工夫しながら情報を発信することが成功のカギです。

個人開業は必ず保険の加入も忘れずに!

脱毛サロンではいくら注意を払っていても施術者のミスや脱毛機器の不具合からお客様にヤケドやケガなどを負わせてしまうトラブルが発生することがあります。

このようなリスクがあるため、個人で開業する場合は必ず保証のための保険に加入してください。

脱毛機器メーカーが見合った保険を紹介してくれることもあるため、問い合わせてみても良いでしょう。

フランチャイズの場合は、保険もパッケージに含まれていることが多いので安心です。

まとめ

開業はスタートラインです。

そこから始まる経営者としての日々のほうがとても大変になるでしょう。

脱毛サロンはサービス業でもあるため、多くのお客様に長く愛されてファンになってもらうための努力をし続けなければなりません。

費用を抑えることばかりを気にして顧客満足度が低くては、かえってマイナスになることもあります。

脱毛サロンはお客様の大切な肌を扱うところです。

脱毛の正しい知識や高度な技術、安心のアフターフォローなど、お客様に安心して通ってもらえる脱毛サロンを目指してください。

理美容・エステ・ネイルサロンのフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ