クリームやフルーツがいっぱいのデザートとしてだけでなく、食事のように食べられるものもあるクレープは、女性や子どもに人気のスイーツです。

クレープ屋は未経験者でも参入しやすい分野で、開業の方法としては、店舗を構えるほかに移動販売車での販売などさまざまなものがあります。

今回は、クレープ屋を開業するメリットや、開業するときに必要な資金や許可についてポイントをまとめてみました。

これからクレープ屋を始めてみたいという人はぜひ参考にしてみてください。

未経験者でも始めやすいクレープ屋のメリット

開業するとなると気になるのが、開業資金でしょう。

特に未経験からとなると、万が一のことも考えて初期投資は少ないほうが安心です。

クレープ屋に必要な設備の代表格は鉄板ですが、業務用でも10数万円程度で買えますし、中古品を探せばコストを抑えることができます。

ほかは冷蔵庫や作業台、シンクなど保健所の許可を取るために必要な厨房設備を整えるだけで開業は可能です。

焼き菓子のお店やパン屋をオープンするとなると、オーブンだけで数十万円から数百万円の設備投資が必要になるので、クレープ屋はそれだけハードルが低いとも言えます。

パティシエ

クレープはテイクアウトするのが一般的な食べ物なので、広い店舗スペースが必要ないこともメリットです。

固定店舗を構える場合でも大きな店舗費用がかからないので、初期投資額を抑えることができます。

通常、焼き物の食品は夏場に売り上げが落ちるものですが、クレープに関しては季節の影響をほとんど受けないことも強みです。

クレープにはアイスクリームのトッピングもできるので、夏場はアイスの力を借りれば売上をカバーすることができるでしょう。

また、ほかの菓子に比べると調理が簡単なことも新規参入しやすい点です。

中身のトッピングによっても変わりますが、クレープは原価率を低く抑えることが可能なお菓子です。

一回の単価は小さくても、テイクアウトが基本で回転率が高いため、やり方次第では売上を大きく伸ばすこともできるのも魅力です。

bgentフランチャイズで探す

フランチャイズか個人開業かで変わる開業資金

開業資金は、フランチャイズ加盟をするのか、個人店を開くのか、はたまた移動販売車で営業を行うのかによっても変わってきます。

フランチャイズ加盟のメリットは、事業を始めるのに必要な知識や技術のサポートを受けられることや、ブランドを活用して集客を期待できることです。

大手クレープ屋のフランチャイズ加盟の案内によると、フランチャイズ加盟契約や初期投資費用として、800万円から1,500万円程度かかります。

フランチャイズの場合は、銀行融資を受けやすいというメリットがありますので、最初から従業員を雇って、大きく商売を始めたい人に向いているでしょう。

フランチャイズで始めるメリット

個人で開業する場合の初期費用は、出店場所やどんな設備を導入するかで大きく変わります。

移動販売車で営業する場合でも、車の購入費用や改造費だけで300万円程度はかかるので、必要な設備や備品、初年度の運転資金などを考えると、最低でも500万円から600万円は見ておいたほうがよいでしょう。

目指す売上規模などを踏まえて自分に合ったサイズの運営方法を考えてみることがポイントです。

クレープ屋の収入とコストダウンのコツは?

収入は、客単価×客数で決まります。

1個350円のクレープを1日100人に販売できれば、売上は3万5,000円になります。

1ヶ月の稼働日数が25日とした場合の1ヶ月の売上は87万5,000円、土日に集客できる立地なら100万円を超えることも難しくはありません。

しかし、これは売上ですから原価や販売管理費などの経費を差し引くと、実際手元に残るお金は3割程度と考えておくのが堅実でしょう。

原価を抑えるには仕入れ先選びがポイントです。

最初は、取引実績がないので交渉に応じてくれるところも少ないかもしれませんが、実績を積むに連れて徐々に増やしていくことができるでしょう。

コストダウンする方法

小麦粉を原材料の中心とする、いわゆる粉ものは原価率が低いことで知られています。

粉ものの原価率は通常、20%から25%程度。

クレープの場合は、生地を薄く伸ばして作るので生地そのものの原価率は10%台に抑えることも可能と考えられています。

しかし、トッピングに欠かせない生クリームなど乳製品の価格が高いため、当初の計画をあまり低く見積もりすぎていると失敗の原因になります。

飲食業の場合は、利益を圧迫する要因のひとつが人件費です。

特にクレープのような低単価のものの場合は、従業員の雇用を慎重に考える必要があるでしょう。

最低賃金も上昇傾向にあります。

募集をしたからといってすぐに人を集められる状況でもないため、都心部では時給1,000円を超えることも珍しくはありません。

開業当初は従業員を雇わずにできる形態を考えることもコストダウンのコツです。

スイーツ店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

bgentフランチャイズで探す

クレープ屋の開業に必要な許可や手続きは?

クレープ屋の開業には、特別な免許や資格は必要ありません。

保健所の許可が出る施設を作ること、保健所と食品衛生協会の主催する講習会を受けて、食品衛生責任者の認定を受ければ開業可能です。

ただ、固定店舗以外の営業スタイルでは生クリームやカスタード、生フルーツの取り扱いは衛生管理が難しいため、食中毒予防の観点から許可を取るのは難しくなっています。

実際の許可に関しては、地域によっても基準が異なりますし、保健所の担当者レベルでも見解が異なる場合があります。

事業計画が決まった時点であらかじめ保健所に相談しておくと、その都度事業計画を見直すこともできるうえ、許可をとるのもスムーズになるでしょう。

クレープ屋で成功するポイントは?

クレープ屋に限らず、商売で成功するポイントは他店との差別化を図ることです。

差別化の方法は、経営者の考え方によっても異なります。

オリジナルメニューで差別化を図る人もいれば、回転率を上げることで差別化を図る人もいます。

SNSでの情報発信が一般的になったことから、SNS映えするメニューを考えるという方法も一案です。

そのためには、誰をターゲットにするのか、店のコンセプトはどのようにするのかをしっかりと決める必要があります。

客層を絞らない商売は守備範囲が広そうですが、コンセプトがぼやけているのでファンを作りにくいともいわれています。

クレープはお店を探して買うよりも、ふらっと立ち寄って買うことの多い商品です。

何かのついでに立ち寄りやすい立地を選ぶことは成功のポイントとして欠かせないでしょう。

また、客層として女性や子どもが多いので、女性や子どもの興味をそそる外観であることも重要です。

bgentフランチャイズで探す

まとめ

起業するには、何といっても好きな気持ちがなければ始まりません。

好きなこととできることは違いますが、事業を継続するには相当のエネルギーが必要なので、好きなことでなければ続けられません。

同時に、市場調査がとても重要です。

特に未経験から参入する場合は、同じ地域での競合を事前に調査し、できるだけ競争に巻き込まれない方法を考えるのがよいでしょう。

クレープ屋は未経験でも参入するハードルが低い業種だからこそ、既存店より自店舗が優位に立てるポイントを探ることが、長続きするお店づくりには大切です。

また、初期投資が比較的少ないとはいえ、やはり豊富な資金を用意しておくのはとても大切です。

自己資金や借入、その他の資金調達方法を組み合わせるとともに、初期投資を抑えた開業方法も模索してみるとよいのではないでしょうか。

スイーツ店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ