「お店を開業したい」という夢を持っている人もいるかもしれません。

自分のお店を持ちたいと考えているなら、どのようにお店を存続させていくかの戦略を立てる必要があります。

ただ単に質が高く価格が安い商品を販売していても、お客様は振り向いてくれないことがあるからです。

なぜ新規のお店にお客様が足を運ばないことがあるかというと安心感などお客様が持つ感情が影響を与えている可能性があります。

そこで気になるのは大手の名前を借りて経営を行うフランチャイズ契約です。

フランチャイズという言葉を聞いたことがあるけれどどういったシステムなのかいまいちわからないという人はいませんか?今回はフランチャイズのやり方からメリット・デメリットまでを詳しく解説していきます。

フランチャイズってなに?基本情報をおさらい

フランチャイズが何かよくわからなくてもチェーン店という言葉を聞くとイメージがしやすいかもしれません。

フランチャイズとは親会社が加盟店に対して与える営業販売権のことで加盟店はフランチャイズ本部の名前の看板を掲げて営業する代わりにロイヤリティーを支払うシステムをとっています。

フランチャイズ展開をしている業種にはコンビニや飲食店、学習塾などが多く見受けられます。

フランチャイズでは知名度の高い親会社の名前を使用することでお客様の関心や信頼を得やすくなるので開業した当初からある程度の客足を見込むことが可能です。

親会社によっては経営のノウハウを指導してくれるなど手厚いサービスも受けることができます。

また、お店の外観や内装が一律親会社と同じものに統一されるのが一般的なので内外装工事に無駄が出にくくなるでしょう。

ゼロから自分のお店を開業するよりも初期コストがあまりかからず比較的低資金でも始められるのが、フランチャイズの特徴といえます。

フランチャイズを選択する理由とは

開業はゼロから自分ひとりで行うこともできるのに、なぜフランチャイズという形式をとる人が多いのかというと、その理由のひとつにコストの削減が挙げられます。

フランチャイズの場合、すでに仕入先などがフランチャイズ本部である親会社から決められています。

そのため本部が大量の商品を買い付けることによって製造や仕入れのコストを削減でき、近くに同じフランチャイズ契約のお店があれば流通コストも減らせられます。

また、ひとつの地区に何店も同じフランチャイズのお店がある場合もありますが、このようなドミナント戦略をとることで人々の認知度を高め、宣伝・広告コストの削減も狙えます。

コンビニなどのフランチャイズではすでに流通経路が確立されているため、ひとりで開業をする際に行わなければならない取引先の開拓や交渉などをする必要はありません。

システムが洗練されているため、人件費などの余計なコストをかけなくて済むのが、多くの人がフランチャイズ経営を選択する理由といえます。

※1[フランチャイズ比較ネット]今さら聞けない「フランチャイズチェーンと直営店の違い」を5分で解説
https://www.fc-hikaku.net/franchises/2105

フランチャイズにおけるロイヤリティーの仕組み

フランチャイズにおけるロイヤリティーには主に3つの種類があります。

売り上げ歩合式では売り上げの一部を本部に支払うというパターンです。

売上額が大きくなったり契約年数が長かったりする場合はロイヤリティーのパーセンテージが低くなりお得になることがあります。

ロイヤリティーはそれぞれの業種や親会社によって違いがあり、数%~50%ほどまで多様です。

売り上げ歩合方式は多くのフランチャイズ契約で使用されている一般的な方法となっています。

定額式は売上高に関係なく一定の金額を親会社に支払う方式です。

経営がうまくいかない場合にはリスクはありますが、経営努力を行えばそれだけお金が手元に残る可能性が高いため、やりがいが感じられることでしょう。

定額式では数万~十数万円程度のロイヤリティーが一般的です。

粗利分配式では総売上高から売り上げ原価を引いた売上総利益に、およそ30~70%のロイヤリティーがかけられます。

コンビニに多いロイヤリティー形態となっています。

※2[フランチャイズ比較ネット]フランチャイズのロイヤリティーとは何か?適切なパーセンテージとは?
https://www.fc-hikaku.net/franchises/2089

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

フランチャイズにはどのくらいの資金が必要?

世の中にはさまざまなフランチャイズチェーン店がありますが、初期にかかるコストは一般的にどのくらいなのでしょうか。

通常自分のお店をひとりで立ち上げる場合は場所代や内外装工事、設備投資、宣伝費、当面の運転資金などを合わせるとおよそ1,000万円前後はかかるといわれています。

自己資金は30%程度であとは金融機関からの借り入れなどによってまかないますが、それほど多くの資金を調達できないという人は少なくありません。

フランチャイズでは低資金でも開業できるのがひとつの特徴です。

初期費用の内訳は加盟金、保証金、研修費、物件に関わる費用、内外装工事費、設備費、人件費です。

このうち本部によっては店舗や設備を本部持ちとするため、オーナーはリース料などを月々支払うことでコストを抑えられます。

開業時にかかるコストで大きな割合を占めるのが場所や内外装工事に関するコストなので、そこを節約できるために低資金での開業が実現できます。

また加盟金がゼロのフランチャイズ本部や研修費が加盟金に含まれているところもあるので低資金での開業を目指すなら親会社選びをきちんと行う必要があるでしょう。

うまくいけば開業資金を300万~500万円まで抑えることができるかもしれません。

※3[フランチャイズ比較ネット]フランチャイズ店舗の開業資金、その内訳は?総額で見ることも重要
https://www.fc-hikaku.net/franchises/2083
※4[フランチャイズ比較ネット]意外と知らない、フランチャイズ加盟のメリット・デメリットとは?
https://www.fc-hikaku.net/franchises/2080

フランチャイズのメリットは役割分担

フランチャイズのメリットは本部とオーナーとで役割分担がきちんとされていることにあります。

オーナーは本部にロイヤリティーを払う代わりに本部は商品開発やブランドの宣伝・広告、流通などを一挙に担います。

オーナーは販売の拡大にのみ集中でき、その他たくさんのことに頭を悩ませなくて済みます。

この分業制度が特に経営ビギナーのフランチャイズオーナーにとっては大変大きなメリットといえます。

また銀行からの融資や助成金を受けやすいこともメリットに挙げられるでしょう。

融資や助成金を受ける場合には信ぴょう性の高い事業計画書を作成する必要があります。

フランチャイズに加盟すると同様の立地や規模のケースではどのくらいの売り上げが見込めるかなど過去の加盟店の実績をもとに書類が作ることが可能なので信用が得られやすくなります。

資金調達は経営を長く継続させていくための重要なポイントなのでフランチャイズの利用は経営上の大きなメリットといえます。

知っておきたいフランチャイズのデメリット

フランチャイズでは本部によるブランド力が大きいことから、もしも何らかの事故や不祥事があってブランドに傷がついたとき、そのあおりを食う可能性があるのがフランチャイズのデメリットです。

フランチャイズ契約では本部と一蓮托生なので自分の経営努力とは関係のないところでダメージを受ける可能性があることを覚えておくと良いでしょう。

またフランチャイズでは、すでに運営方針や仕入先などが決められているため、独自のアイデアで経営していくことができません。

同様に契約期間があったり経営状態が悪化しているにもかかわらずロイヤリティーを支払わなければならなかったりと経営に関していくつかの制限がついてきます。

しかし、これらはすべて悪いことではなく例えば仕入先が決められているということは裏を返せば仕入先について悩まなくても良いということです。

デメリットは考え方次第でメリットにもなるので自分の目指す起業のあり方に近いのならフランチャイズ経営に乗り出してみてはいかがでしょうか。

まとめ

お店を開業するにあたってはいくつもの解決しなければならない課題があります。

フランチャイズを選択すればそのうちのいくつかはすでに解決されたようなものなので素早く手堅く開業をしたい人にとってはベストな選択肢のひとつとなります。

特に開業資金の問題は多くの独立開業を目指す人にとって悩みの種といえるでしょう。

しかしフランチャイズの場合は比較的低資金での開業が可能です。

自分のお店を持つことが夢だという人にとって開業はできるだけ遠回りしたくはないことでしょう。

フランチャイズという選択肢は開業への道をまっすぐに進ませるサポートをしてくれます。

開業の仕方に迷ったり悩んだりしたらフランチャイズについてぜひ考えてみてください。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ