ブームからしばらく経ったカフェブーム。それでも人気は収まらず、毎年多くの人がカフェ開業をしています。美味しいケーキとこだわりの豆から挽いたコーヒー、お洒落な雰囲気のカフェで過ごす生活は、1日中オフィスに缶詰の会社員生活とは正反対で、憧れますよね。
しかし、何から始めたらいいのか分からない。準備にかかる年月は?お金はいくらくらい必要??
「自分のカフェを始めよう」と思い立ってから、実際に営業開始するまでの10のポイントを全部紹介します!

1.コンセプトを決める
2.経営計画を立てる
3.物件探し
4.内装工事
5.設備機器
6.雰囲気作り
7.仕入れルートの確認
8.メニュー作成
9.宣伝
10.資格と申請
まとめ

1.コンセプトを決める

まずは何よりも最初に、コンセプトを考えます。最近では沢山のカフェが登場し、経営者はそれぞれ個性的なカフェを展開しています。そうした結果、お客さんの選択肢も幅広くなり、カフェ同士の生き残り競争も年々激しくなってきました。その中で敢えてその競争の中に飛び込む勇気があるのであれば、そのお客さんたちからの要望に応えられるカフェを作ることが必要となります。開業前のコンセプトを検討する段階で、お客さんに飽きられず愛され、長く経営を続けていけることを考えたカフェ作りが大変重要です。希望のカフェのスタイルを出来るだけ具体的に書き出せるようにしましょう。

 

2.経営計画を立てる

カフェの経営がうまくいくかどうかは、最初の経営計画が大変重要です。
経営計画では、メニュー構成や、価格、1日の来場客数、回転数を予想し、土日祝日と平日それぞれの一日の売上を計算します。それに加え、原価や人件費、賃貸費用など、営業するために必要なコスト(ランニングコスト)を計算した上で、赤字にならない経営を行うための計画を行います。
多くの人は開業までの資金に目が行きがちですが、カフェをオープンさせてからが始まりと考え、オープンしてからの必要資金、たとえば宣伝費等も予算に入れることが必要です。
経営計画がしっかり練れたと思った後に、自己資金で賄えるのか、調達が必要なのかを考えるようにしましょう。
開業資金はあればあるだけ安心ですが、計画もなしにはどこも貸してはくれませんし、返済計画を立てないまま借りてしまうと、後で大変なことになります。どんな調達方法があるのか、自治体窓口でも情報を得られます。

3.物件探し

カフェオープン後の経営を考える上で、一番難しいのが物件探しです。まずは出店したいエリアを決めましょう。
物件探しのコツは、地域のリサーチを最低4回行うこと、それは、休日・平日・夜間・昼間です。オフィス街は休日になると人が全然で歩いていないということも大いにあります。また、地域に人が多かったとしても、カフェオープン予定の道に人通りが少ないようでは、オープン後の顧客獲得が難しくなります。地域の年齢層も重要で、サラリーマンが多い場合と主婦が多い場合では、客単価も異なりますし、回転率にも差が出ます。

 

4.内装工事

内装工事は開業資金の中で一番費用がかかってくるところですし、カフェの雰囲気つくりのためにも重要な部分だと思います。アットホームな雰囲気を目指す方は、自分たちで作業することも可能ですが、洗練されている、モダンなイメージのデザインのカフェにしたい場合は、施工業者に任せるのが良いです。
施工業者に任せる際のコツとしては、自分のお気に入りのカフェなどを沢山写真に撮り、スクラップを作成し、いくつかの施工会社を回ることです。施工業者に正式依頼する前に、自分のイメージを明確に提示し、出来るか出来ないかを判断してもらうことをお勧めします。そして、施工業者の過去の実績も見せてもらえると安心ですね。

 

5.設備機器

カフェで使用する冷凍・冷蔵庫、製氷機、シンク、ガスレンジ等の厨房機器や、空調設備や食器など、様々な設備機器が必要となります。必要な設備機器は、カフェで出すメニューによって異なりますので、メニューを検討したうえで何が必要か考える必要があります。そして、購入する際にも、新品で購入する必要があるものなのか、中古でもいいのか、またリースする方法を選ぶのかなど、一つ一つ何が適しているのか検討する必要があります。リースをすることのメリットは、開業時に多額の費用が不要となること、月々のリース代として経費処理が可能なので、節税対策が可能です。

 

6.雰囲気作り

カフェを始める人が一番こだわるのが雰囲気ですし、来たお客さんたちに、「また来たい」と思ってもらうためにも、雰囲気は重要です。レストランやコンビニとは違い、カフェは多くの人が癒しを求め、くつろぐためにやってくる場となります。家具だけではなく、調光設備や居心地の良いBGMまで気を配る必要があります。

7.仕入れルートの確認

仕入れルートが定まっていないと、安定した経営は行えません、専門の仕入れ業者に依頼するのか、毎回スーパーに買い出しに行くのかを検討する必要があります。お勧めなのは、地域密着型の八百屋さんと仲良くなること。信頼関係が築ける様になれば、安い金額で卸してもらうよう交渉することも可能ですし、何より、地域の皆さんをよく知っているので、宣伝をしてくれることだってあるかもしれません。毎日必要な食材は、安全で安くておいしいものを仕入れたいですよね。

8.メニュー作成

カフェであれば、飲み物と食べ物、どちらも出すことになると思います。それぞれのコンセプト次第ではありますが、コーヒーに特化して、食べ物は軽食程度のものを提供するのか、ランチのお客さんを狙い、しっかりした食事を提供するのか。自分の好みでもありますが、物件探しの際にも注目した、客層をしっかりと意識したメニュー作成が必要となります。また、限定商品という言葉はどの世代の人も弱いので、季節限定商品を常に揃えるなどの工夫も必要です。

9.宣伝

パソコンやスマホが普及した現代では、カフェ集客のためにはネットにおける宣伝が欠かせません。都心部では、チラシや雑誌への広告効果は薄いですが、地方の情報誌などには未だに地域情報としてカフェが掲載されていますし、読者もそれらを頼りにしているので、自分がカフェを出す地域にどのような情報誌があるのかも確認する必要があります。
しかし、やはりカフェの宣伝で一番有効なのは口コミです。ネット上の口コミや人からの口コミが一番の宣伝になることを念頭に置き、人がお勧めしたくなるキャンペーン等を考えるのも方法の一つです。

10.資格と申請 

カフェを営業するには調理師免許は不要です。必須なのは、「食品衛生責任者資格」ですので、カフェ開業前に1日講習を受けて、資格の取得をしておきましょう。また、バリスタの資格や、コーヒー鑑定士の資格を持っていると、「おいしいコーヒーを飲める店」として顧客の獲得に繋がります。

まとめ

以上が、カフェ開業までの10のポイントです。
ユニークなコンセプトを作り、来るお客さんも、働いている従業員も楽しくなるようなお店を作りましょう。