フランチャイズ店とチェーン店は、よく混同されやすいものですが、では、両者の違いとは何でしょうか?

◆ フランチャイズ店とは

フランチャイズ店とは、独立事業者などと契約を結び、自社が開発した事業の商標をはじめ、経営のノウハウなどの権利を与え加盟店として事業が行える代わりに、一定のロイヤリティを支払ってもらうと言う事業形態の事を言います。

◆ フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズ店のメリットは、他事業者の資本の利用のため独立事業者との契約数が多ければ多い程、短期間で事業展開の拡大が出来、また、独立業者の経営などの取り組みが良ければ、知名度も上がり事業成功率が高まります。反面デメリットについては、利益は、一定のロイヤリティのみであり、逆に独立業者の経営方針などがあまり良くなければ、イメージダウンに繋がる可能性もあります。

◆ チェーン店とは

一方、チェーン店とは、経営方針・サービス内容などが統一され、同一経営で設置される複数の店舗事業の形態を言います。
簡単に言えば、前者が他事業者の資本を利用するのに対し、後者は、自らの資本で展開していきます。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

◆ チェーン店のメリット・デメリット

チェーン店のメリットは、店舗の収益はすべて自社の収益になりますし、経営などの取り組みの指導や改善も徹底出来ます。反面デメリットについては、資金面を調達出来なければ、事業展開は、困難でもあり、出来ても時間が掛かるものでもあります。
フランチャイズ店は、経営の取り組みが独自の工夫で出来る反面、チェーン店の場合は、決められた経営方針に従って経営を任されるものです。

◆ フランチャイズはどんな人が向いている?

では、フランチャイズを始めるにはどのようなタイプの人が向いているのでしょうか?
フランチャイズ開業をするにあたり、得意な人もいれば不得意な人もいるでしょう。また、成功させる上で常に前向きに行動することも必要であったり、人との関わりが重要であったりと様々なことが出来る人こそ向いているかもしれませんよね。
そこで今回のアンケートでは、開業などに向いている人はどんな人かうかがってみました。

【質問】
独立・起業・フランチャイズ開業するのに向いていると思う人はどんな人?
【回答数】
人脈が広い:31
好奇心が旺盛:8
人見知りをしない:7
人と同じことをすることが嫌い:7
常にプラス思考:19
負けず嫌い:9
知らないことを素直に人に聞ける:19

アンケートの結果によると、約3割の人が「人脈が広い」ことを挙げ、最も多い回答になりました。
多くの人が人脈が広い人が起業などに向いていると感じているようですが、その他に必要とされるものを持つ人も向いているという人も数多くいることが分かりました。

まとめ

まとめ

経営をするにあたり、必ず困難なことに挑戦しなければならないことがあるでしょう。困った時には誰かに助けてもらいたいと考えられますし、何より困難なことを乗り越えようとする気持ちがなければ上手くいくとは言えないのかもしれません。フランチャイズ店にせよチェーン店にせよ、事業の中で培ってきた人脈や前向きな精神だけでなく、誰にも負けないという気持ちなどが成功への鍵となるのではないでしょうか。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ