社会に出て働くということにおいて目標となるのがひとつの部門において周りの上に立ちそして自らに責任のある仕事を任されることですが、その周りの上に立ち自らに責任のある仕事の代表例がお店の主人であるオーナーと言えます。そのオーナーになるに置いてはひとつの部門もしくはお店自体のすべてをコントロールしなければならないためある程度のノウハウが必要になるため、そのノウハウを構築できる経営が出来ればよいのですがその大半はノウハウを構築できずに失敗することが多いのです。
そこで社会に出て責任ある仕事を任される人材になりたいという人にお勧めなのがフランチャイズであり、このフランチャイズは親会社がありその下に多くの子会社を抱えることで組織を作っている現在日本の主流となっている経営方法です。このフランチャイズは親会社が業種の拡大を格安に行うために同じ取引先から土地代まですべてを一括にコントロールすることでローリスクハイリターンの拡大が可能であり、さらに成功率を高くするために人材育成にも力を入れています。
ここでは、フランチャイズで経営する時に注意しなくてはいけないポイントを4つにまとめてご紹介致します。

1. フランチャイズの保険について

生活をして行く上で何時も平和に生活出来るとは保障がありません。例えば前日までは何でも無かったのに、次の日には火災の被害に遭遇してしまう事もありますが、その場合、必要になるのが経済力になります。しかし一般的にはなかなか経済的な余裕を持っている方ばかりではないでしょう。そんな時に頼りになるのが保険ですが、何も考えずに加入してしまうと損をしてしまう可能性も出て来ます。いざという時に、保険金を支払って貰えないのは入っている意味が無いです。基本をきちんと抑えて、入らなければなりません。例えば免責金額や、フランチャイズ方式があります。これは保険金の支払いの時に大きな影響を与えるポイントなのです。
免責金額は自己負担額とも呼ばれています。これは契約している方の保険料負担を軽減する物です。他にも保険者が行う損害調査について、手間を省くために設定されています。高額損害と少額損害と呼ばれる物があるのですが、免責金額は少額損害を免責にするのはどれくらいの金額なのかを設定する事です。設定した免責金額無いならば、保険事故が起きても対象外になります。
他にはフランチャイズ方式と呼ばれる物があるのですが、これは免責金額を設定し、その設定した免責金額を超えるような大きな損害になったらその場合は免責金額分を減額せず、損害額の全てが支払われる形式になります。
加入の際、少額の損害なども補償するような設計内容の保険してしまうと、保険料が高くなってしまいますので、ここも注意しましょう。

2.フランチャイズ契約について

フランチャイズ契約をするための注意点として、一番重要なのはまず初めに必ず本部の会社と契約する前によく話し合いをし、契約書は隅々まで目を通すということです。そしてすべての内容を理解することが大切です。少しでも疑問点があれば必ず本部に問い合わせて納得がいくまで話をして必ず信頼できる会社と契約しましょう。なぜならフランチャイズ契約と言うのは、事業者と事業者との契約になるので、消費者には値しません。従って、”消費者を守る法律”は通用しません。例えば、フランチャイズ契約した翌日にやっぱり解除したいと思ってもクーリングオフ制度は使えません。どうしても不安な場合はまず初めに専門家に相談してみる事をおすすめします。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

3. フランチャイズではどのような事が問題になりやすいの?

企業の事業拡大においてフランチャイズは非常に有効な手段です。しかしその裏では様々な問題が起こっているようです。
そもそもフランチャイズとは、
【フランチャイザー(商品の使用権などを提供する側)】が
【フランチャイジー(商品の使用権などを、ロイヤリティーを支払って受ける側)】に仕事のノウハウや実技を教え、独立や開業の手助けをする制度です。
しかし最近、フランチャイザー側の権力が高くなりすぎ、フランチャイジーがただの働く手足にされてしまう傾向があります。
裁判でもフランチャイジーを保障する法律が制定されていないため、勝てる見込みはありません。そのためフランチャイジーの地位は、底にまで落ちつつあります。
一方、フランチャイザー側にも問題は起こっています。FC店の量を増やしすぎることにより、その管理は難しいものになってきます。特に、直営店と違い、ちゃんとした指導者がいない場合があります。そうなるとFC店のサービスや商品の質は落ち、結果的にフランチャイザー側の企業の評判が、すこぶる悪くなります。消費者の目線では直営店もFC店も同じ系列の店に見えます。そのため企業がいくら弁解しても、信じてもらうことはほぼ不可能なのです。
このような問題が起こる理由は、双方が相手側の理解をしようとしないところにあります。フランチャイザーはフランチャイジーからロイヤリティを受け取っている以上、必要以上の介入は許されません。フランチャイジーも、フランチャイザーからノウハウを教わっているのだから、それを店の改善に使わなければなりません。
互いが利益だけを見ず、良質な協力関係を築くことが、よりよい企業発展に繋がるのではないでしょうか。

4. フランチャイズの弁護士について

トラブルや難題が発生しやすいシステムであることも確かです。本部が権力を駆使して加盟店に無理を強要したり、逆に加盟店が本部のイメージダウンに繋がる事故を起こしたり、金銭的にはロイヤリティー(加盟店側が本部側に支払う対価)に関する問題などが多発しています。それらはまとめてフランチャイズ問題と呼ばれ、中には裁判に発展するケースも存在します。
ですからフランチャイズ契約を交わした場合は、本部側、加盟店側ともに弁護士を探しておくのが良いでしょう。特に加盟店側は、裁判だとどうしても不利になってしまいます。独立を拒否された、勝手に契約を解除されたなど、明らかに本部が悪い場合でも、加盟店側が勝訴を勝ち取れる可能性は極めて低いです。
弁護士を雇うときは、フランチャイズ問題を専門とした人、もしくはフランチャイズの知識を豊富に持っている人を選びましょう。そうすると相談に乗ってもらいやすく、自分でよく分からない問題にも対処してもらえます。
できれば実績が高い弁護士を選びたい、という人は、その弁護士が所属している事務所などのHPを確認してみましょう。その弁護士の詳細や裁判例が発表されている場合があります。

まとめ

如何だったでしょうか?
現在、コンビニ、レストラン、学習塾など、フランチャイズ契約により著しい事業拡大を果たす企業が増えてきました。フランチャイズ契約は本部側にも加盟店側にも大きなメリットを与えてくれる有益なシステムとして社会に広まり、世界中で注目されています。
フランチャイズは長い年数の間で必要となる経験の力を、親会社が構築してきたマニュアルで教えることで慣れさせた後に経営に携わせるのでオーナーは安心して経営が出来るメリットがあります。

しかし、一方では問題が起きやすい・フランチャイジーが法律で守られていない等の問題もあります。
問題が発生した時に冷静に対処し、問題を穏便に解決できるように初めに本部と話し合って契約内容をしっかり把握することが大切ですね。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ