リーダーシップとカリスマ性は必要ない!?店長に必要なものとは

フランチャイズオーナーの中でも、店舗運営を一任して行う「店長」という職種に必要なスキルは何でしょうか。

また、オーナーになる上で収入や注意点などもまとめていきます。

1.フランチャイズオーナーに必要な5つのスキル
2.フランチャイズオーナーの年収
3.フランチャイズオーナーの注意点
まとめ

1.フランチャイズオーナーに必要な5つのスキル

必要なスキル

①問題発見能力→現状を把握した上で店舗の問題を分析し、やるべきことを抽出する
②仮説構築能力→従業員全員に対して、店舗目標を具体的に示す
③事前準備能力→従業員の経験・スキルに見合った役割を与える
④プロモーション能力→従業員が仕事を進める上での障害を取り除く
⑤コントロール能力→店舗従業員の精神・身体状態に配慮し、適切な助言・指示を行う

上記5つの能力は、本部が行うオーナー研修や、経験を蓄積することで伸ばすことが出来ます。
しかし、コントロール能力やリーダーシップに必要な「従業員を牽引する力」などは先天的な影響が大きく、経験や教育では補えません。
だからといって店舗運営の夢を諦める必要はありません。
必要なスキルの①~③までの能力が充分に備わっていれば、店舗運営に支障はありません。

現状把握→問題を抽出→解決策の仮説立て→実行

この流れを正しく行うことが出来れば、店舗の経営者として確実に成長することが出来ます。

2.フランチャイズオーナーの年収

フランチャイズ店舗のオーナーの年収は、様々な条件によって大きく左右されます。
フランチャイズ店舗のオーナーの年収は、営業利益から多くの費用を差し引いた金額になります。
最も影響を受けるのは人件費で、アルバイト・パート社員数を雇えば雇うほど、勤務時間が永ければ長いほど、当然その分人件費が高くなります。
人件費を安く抑えるためには、自ら店舗に出向いて働く必要があります。

次に、本部に支払うお金も少なくはありません。
本部から名前を借りるための資金、経営・営業ノウハウを受ける際の資金があり、たとえ利益が少なくとも一定の金額を本部に支払うことが必要です。

さらに、店舗における光熱費等もすべて営業利益から支払う必要があります。
このように、フランチャイズ店舗を経営する際には多くの費用がかかります。

そのため、オーナーの年収をより多くしたいのであれば、より多くの営業利益を上げることと、人件費・光熱費をいかに低く抑えることが必要になります。

3.フランチャイズオーナーの注意点

社会に出て働くということにおいて目標となるのがひとつの部門において周りの上に立ちそして自らに責任のある仕事を任されることですが、その周りの上に立ち自らに責任のある仕事の代表例がお店の主人であるオーナーと言えます。そのオーナーになるに置いてはひとつの部門もしくはお店自体のすべてをコントロールしなければならないためある程度のノウハウが必要になるため、そのノウハウを構築できる経営が出来ればよいのですがその大半はノウハウを構築できずに失敗することが多いのです。

そこで社会に出て責任ある仕事を任される人材になりたいという人にお勧めなのがフランチャイズであり、このフランチャイズは親会社がありその下に多くの子会社を抱えることで組織を作っている現在日本の主流となっている経営方法です。このフランチャイズは親会社が業種の拡大を格安に行うために同じ取引先から土地代まですべてを一括にコントロールすることでローリスクハイリターンの拡大が可能であり、さらに成功率を高くするために人材育成にも力を入れています。

まとめ

経営をするに置いては現在の状況とこれからの状況を経験から照らし合わせてそのときにあった方針をとることが望ましいのですが、そういった経験による方向を決める力は年数を重ねることによる場数が必要となります。そこでフランチャイズは長い年数の間で必要となる経験の力を、この親会社が構築してきたマニュアルで教えることで慣れさせた後に経営に携わせるのでオーナーは安心して経営が出来るメリットがあります。