資本金を用意することは起業における第一の作業だといえます。
しかし、一般的に起業するためには、いくらくらいの資本金を用意するのが相場なのでしょうか。

実は2006年の5月に法律が改正され、資本金が1円しかなくても会社が設立できるようになりました。

ネットの普及とも相まって、資本金1円から会社を発足させる起業家も珍しくありません。

とはいえ、資本金が少ない会社は、なかなか信用を得られない傾向にあることも事実です。

また、会社の登記にかかる費用など、実際にはある程度の資金を用意しないと起業することはできないともいえるでしょう。

そのため、起業を成功させるためには、しっかりと資本金を集めるということが大切です。

ここでは、実際に起業するということになったとき、資本金がどのくらい必要になるのか、その平均的な相場について解説します。

そもそも資本金って何?

資本金というのは、会社を設立する際に必要になる資金のことです。

会社を設立するためには、まず開業するための資金を集めなければなりません。

しかし、資本金はそうした開業資金だけでなく、開業した後にかかる運営費用も含みます。

たとえば、飲食店に材料や食材を卸す会社を設立するとします。

その際は、飲食店に卸すための材料を仕入れたり、材料を加工するための機材を導入したりしなければなりません。
そのような会社の準備のためには、当然のことながらお金がかかります。

また、材料や食材を卸す会社の場合、提携する飲食店を探すために営業をかける必要もあります。そうした営業活動に必要な資金も準備しておかなければなりません。

一般的に、こうした資本金が潤沢な会社ほど長期的な展望を描いて起業をすることができます。

資本金が豊富に用意できれば、商品を仕入れるにも困らず、事業の規模もより大きなものとなるでしょう。

つまり資本金とは、その会社の基礎体力をあらわすような指標なのです。

会社を設立するにあたっては、取引先や提携先を作らなければなりませんが、体力のない会社よりもある会社の方がより信用してもらえるものです。

そういう意味でも、資本金を集めることは起業において重要な工程なのです。

営業先から信用されるための指標!資本金が信頼を作る

企業がどこかの会社と取引をするとき、必ずといって良いほどチェックするのが資本金です。

その会社の基礎体力をあらわす資本金は、相手のことをよく知らない段階では見逃せない信用度の目安になります。

取引するときに資本金を開示する義務こそありませんが、資本金については会社のことをちょっと調べればすぐに手に入れられる情報です。

まして起業したばかりの会社というのは、まだ実績がないため相手からの信頼を勝ち取るのも簡単ではありません。

そのため、相手の会社からも「発注した商品をしっかり納めてくれるのか」「お金を支払う資金がしっかりあるのか」といったことで不安に思われてしまいがちです。

とりわけ大企業にもなると、取引先を選ぶ際に資本金を重要な選定項目に加えていることも珍しくありません。

起業したばかりの会社は何の実績も示すことができないからこそ、資本金というバロメーターで相手を信用させる必要があるのです。

だからこそ、資本金はできるだけ多く集めておくことが大切なのです。

融資を受けるときの基準になる?

会社を経営していく中で、事業をより拡大したいと考えることも出てくるはずです。

事業規模の拡大のためには、当然のことながら資金が必要になります。

そのためには、金融機関の融資を取り付ける必要も出てきますが、実は資本金が少ないと融資を得るのが難しくなってしまうことがあります。

資本金はやはりその企業の体力をあらわす指標になりますから、取引先だけでなく金融機関にとっても信用できるかどうかのシグナルになるのです。

もちろん、資本金が少なくても融資そのものは取り付けられるかもしれません。

しかし、融資を受けられたとしても、資本金が少ない場合は融資金額も少なくなってしまう傾向にあります。

資本金の倍くらいの資金しか融資してもらえなかったというケースも珍しくありません。

このように、資本金は金融機関からもチェックされる項目です。

また、発足する事業によっては、許認可を得ないと営業を始められない場合もあります。

許認可を得るための基準の1つが資本金です。
旅行業は3000万円以上、建設業は500万円以上が審査基準の目安になるため、事業によっては大きな資本金を必要とすることもあるということです。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

資本金の相場は300万円!登記費用も忘れずに

実際に会社を設立する際に、相場となる資本金はいくらくらいなのでしょうか。

もちろん、事業の内容や会社の規模によっても変わってきますが、資本金の相場はだいたい300万円くらいだといわれています。
ただ、これはあくまで目安の数字に過ぎません。

実際はもっとかかることもありますし、逆に50万円くらいの資本金で独立起業したという人もいます。

また、300万円用意していれば簡単に起業できるということでもないので注意が必要です。

相場といわれる資本金だけ用意しても、実際に起業にかかる資金はもっと増えるかもしれないからです。

業種によっては開業資金が相場よりも大きくなってしまうことが珍しくありませんし、登記にかかる費用もしっかりと計算に入れておかなければならないでしょう。

ちなみに、登記の費用は株式会社の場合が25万円、合同会社でも10万円かかり、司法書士に登記を依頼する場合は別途10万円も計上しておく必要があります。

独立開業する際は、実際の営業にかかる資金だけでなく、こうした雑費の計算もしっかりしておかなければなりません。

資本金と全財産の関係性を考える

実際に起業する際には具体的にどのくらいの資本金を集めておくと、安心して会社を設立できるのでしょうか。

まず、原則として資本金は会社の運営のためにしか使えないお金だということを覚えておいてください。

たとえば、資本金を相場通り300万円集めたとします。

しかし、その300万円は会社の運営のためにしか使えません。

会社の設立のために全財産をかけるという人もいるでしょうが、全財産を資本金として計上してしまうと、自分の生活を続けることができなくなってしまうかもしれません。

全財産を資本金としてしまうと、もし生活ができなくなってしまったときに、会社から個人に対してお金を引き出す必要が出てきます。

しかし、それは会計処理の考え方として、会社から個人にお金の貸し付けを行っているという状態になります。

そのような状態は会計処理的にも好ましくありませんし、金融機関から融資を受ける際にも信用度を落としてしまう処理方法になってしまいます。

資本金は多い方が信頼を勝ち取れますが、自分の預貯金と照らし合わせながら計上するように気をつけてください。

資本金を考えるときのポイント

相場が300万円だからといって、300万円用意すればただちに独立開業できるわけではありません。

資本金は企業の体力であり、また信用の指標でもあり、さらには運営に必要な経費でもあります。

こうした観点を複合的に捉えて、自分の会社の資本金を考えなければなりません。

資本金を考えるためのポイントとしては、まず会社を最低でも3カ月は運営できるように資本金に余裕を持たせておくということです。

会社の発足直後から、すぐに売り上げを見込めるわけではありません。

最初のうちは、むしろ赤字が続くかもしれません。

そのため、最低でも3カ月分は利益がなくてもやっていけるくらいの資本金が必要です。

初期費用がいくらかかるのか、3カ月間でかかる運営費用がいくらなのか、この計算をしっかりして資本金を用意するようにしましょう。

一方、資本金を考える上では税金についても考慮しておくことが大切です。

資本金を1000万円未満に設定しておけば、消費税の免除を受けることができるようになります。

会社の設立当初は資金を用意するのに苦労しますから、減らせる経費はちょっとでも減らせるように心がけましょう。

まとめ

資本金をいかに集められるかで、その後の経営の動静が左右されるといっても過言ではありません。

相場としては300万円といわれていますが、安心して経営を進めていくためには、300万円よりも多めに資本金を集めておいた方が良いかもしれません。

資本金は会社の実態をあらわす客観的な数値であり、信用を勝ち取るための手段でもあります。

資本金は安易に決めることができるものではなく、会社を設立する際は自分の業種や業態、取引を予定している相手先の事業規模、税金や融資に関することを総合的に考えて適切な金額を用意することが大切です。

資本金の平均相場は300万円くらいですが、実際に企業にかかる資金そのものは500万円くらいかかるとされています。

財産のすべてを資本金にしてしまうことも良くないので、自分の生活のこともきちんと考えながら、適切な金額の資本金を集められるようにきちんとした事業計画を立てるようにしましょう。

※1.【創業手帳WEB】株式会社設立の際、資本金はいくらにすべき?4つのポイントを解説。

https://sogyotecho.jp/shihonkin-chisiki/
※2.【freee】資本金の平均額は300万円。

資本金を決めるポイント5つ
https://www.freee.co.jp/kb/kb-launch/capital-300/
※3.【inQUP】株式会社の設立費用:起業のために準備しておきたい資金の額と内訳とは
http://inqup.com/ltd-expense
※4.【inQUP】株式会社の資本金を決めるために考えるべき判断基準4つと基礎知識
http://inqup.com/capital-stock

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ