店舗を開業する形態の1つに、支援を受けて運営を行うフランチャイズがあります。

店舗の運営を順調に行うためには、フランチャイズの仕組みを知ることが重要です。

また、フランチャイズには、業種によってさまざまな種類に分けられます。

業種の違いによって仕事の内容は大きく変わるため、業種は開業を検討する上で重要なポイントとなるでしょう。

この記事では、フランチャイズの仕組みと展開されている業種の種類について紹介します。

フランチャイズとは?

フランチャイズは、企業や店舗に加盟した人に経営のノウハウや商品などを提供して運営を任せる事業形態です。

フランチャイズに加盟すると、店舗名やロゴ、マニュアルや仕入れルートなどさまざまな支援を受けられます。

知名度があるフランチャイズの場合、消費者に受け入れられやすいメリットがあるでしょう。

そのため、初めて店舗を開業する人でも運営がしやすいとされている方法です。

フランチャイズに加盟した場合、支援を受ける対価として、ロイヤリティと呼ばれる権利の使用料を支払う必要があります。

身近な小売業や販売業のフランチャイズ

商品を販売して店舗を運営する小売業や販売業は、普段の生活の中で最も身近に感じられる業種です。

小売業や販売業のフランチャイズには、コンビニエンスストアや文具店、書店などがあります。

中でもコンビニエンスストアは消費者の目に付きやすく、利用されやすい業種でしょう。

また、はんこの販売に特化したフランチャイズや、輸入品を専門に取り扱うフランチャイズもあります。

中古車販売などのカービジネスやリサイクルショップなどの買い取りビジネスも加盟店を募集していれば、販売業のフランチャイズといえるでしょう。

サービスを提供するフランチャイズ

商品ではなく、サービスを販売して店舗を運営するフランチャイズもあります。

学習塾・ハウスクリーニング・家事代行サービスなどの業種です。

特に、学習塾は人気が高いとされ、教育の分野では他に幼児教育や幼児保育、パソコン教室もあります。

また、需要が増えていく可能性が高い介護やデイサービスの店舗も注目されている業種の1つです。

人々を癒すマッサージなどのリラクゼーションやヘアサロンは経験者にも向いているでしょう。

ウォーターサーバーの代理販売や漫画喫茶なども需要が伸びてきているフランチャイズです。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

さまざまなジャンルの飲食業もフランチャイズが可能

フランチャイズと聞いて最もイメージしやすい業種が、飲食業でしょう。

飲食業のフランチャイズには、カフェやファストフード、ラーメン店などがあります。

移動販売形式を採用しているフランチャイズもあり、食べ物の種類や店舗業態はさまざまです。

雰囲気作りや商品となる食べ物にこだわりを持った店舗も多く、それぞれ魅力が異なります。

宅配弁当や宅配寿司、お惣菜など、家の中で食べる食事を専門に販売しているフランチャイズもあるでしょう。

ジャンルや業態の幅が広く、店舗のオリジナリティが出しやすいのが飲食業の魅力です。

ネットショップもフランチャイズがある?

小売業や販売業などの場合、フランチャイズの種類によっては加盟店としてネットショップの開業もできます。

実店舗はありませんが、いつでも営業を行えるメリットがあるでしょう。

商品が購入されてから仕入れを行う方法も可能です。

商品の在庫を調整しながら営業を行えるため、無駄のない営業ができます。

また、通常のフランチャイズ店舗と同じように経営のノウハウや商品、仕入れルートなどもフランチャイズの本部から提供してもらえるため、運営するときに困りません。

まとめ

フランチャイズの種類には、小売業や販売業、サービス業、飲食業などがあります。

それぞれ販売する商品の内容や営業の方法が異なるため、特徴をよく比較するのがおすすめです。

また、フランチャイズによってはネットショップの開業をサポートしてくれる場合もあります。

自分の都合に合った働き方ができて業種を自由に選べるため、便利な業態です。

フランチャイズの募集はさまざまな企業や店舗で行われているため、興味を持ったら問い合わせてみるとよいでしょう。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ