自分の力を試したい、新しいアイデアで勝負したいなど、起業・独立を目指す人にとって、何を売っていくのか決めるのは重要なことです。

それと同じくらい、どんな経営方法を取るのかということも将来を左右するポイントとなります。

経営方法の選択は、独立・開業が成功するかどうか、今後を左右する重要な決断となるのです。

経営方法を決定するにあたって、選択肢の1つとなるのがフランチャイズです。

コンビニなどで広く浸透しているフランチャイズとはどういう経営方式なのでしょうか。

また、成功と失敗の違いはどこにあるのでしょうか。

まずは抑えておきたいフランチャイズのしくみ

フランチャイズとは、ノウハウや専門的知識などビジネス全体をすべてパッケージ化したものです。

加盟店になると、販売のものとなる商品やサービスの仕入れ、商品開発、広告宣伝、接客マニュアルなど、経営をするにあたって必要になるものをすべて入手することができます。

商売をするには通常ある程度の知識が必要ですが、フランチャイズ加盟店になると未経験でも商売ができるようになります。

新しいことにチャレンジしたいが失敗なく利益を得たい場合には、フランチャイズは有効といえるでしょう。

フランチャイズで成功するにはどうすれば?

フランチャイズには、代表的な「コンビニ」を始め、ファストフードや学習塾、マッサージ店やクリーニング店など業種はさまざまです。

経営方式は同じフランチャイズでも、業種が異なれば販売方法もノウハウも異なります。

業界の市場規模はゆるやかな成長を遂げ、店舗経営のみならずネットを活用したフランチャイズも登場し、ますます発展を遂げています。

そんな中、フランチャイズを成功させるには、まず加盟店と本部とのパイプを太くし、他店の成功例や繁盛の秘訣を細かく入手することです。

出店地や規模などの違いはあれ、繁盛店のノウハウには成功の秘訣が隠されています。

情報入手と実践がカギとなります。

何といっても重要なのは、本部をどう選ぶか

さらに重要なのは、本部をどう選定するかにもよります。

同じような業種でフランチャイズ経営を推進している場合、それぞれの企業の経営方針があり、内容や特徴は企業によって違いがあります。

経営マニュアルは、同じ業種だからといって全く一緒ではありません。

フランチャイズオーナーが、どういう経営基準を持っているかによって本部の選定が変わることは往々にしてあることなのです。

本部の選定基準としてはいくつかあります。

マーケットは堅調なのかどうか、初期投資を回収できる収益性は明確か、単月黒字までの期間はどうかなどです。

安定した経営のためには重要なポイントになります。

オーナーはつぶさに本部を選定することが必要です。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

フランチャイズのメリット・デメリットを把握する

フランチャイズ経営にはメリット・デメリット双方があります。

安定した経営を支援するサポート体制、多くのフランチャイズ店の業績などから導きだしたデータの分析に基づいた経営マニュアルは未経験のオーナーには頼もしい味方となるでしょう。

そして、新製品の開発や既存商品のブラッシュアップなどの提供は、マーケット分析から得た企業努力の結晶といえるものです。

オーナーにとっても業績アップの手助けとなり、こういった本部の取り組みが業績に直結することは言う間でもありません。

その反面、加盟金やロイヤリティなど経費がかかってしまうのが最大のデメリットといえます。

さらに、本部側のルールに従わなければならず、自由度があまりきかないのも難点です。

これだけは避けよう!失敗する人の行動

独立・起業は、自分自身の夢ややりたいことを実現できるというメリットがある傍ら、現実的に利益を出さなくてはならないという厳しさもあります。

フランチャイズは、本部の提供するさまざまなサービスやモデルを軸に、経営が比較的安定しやすい傾向にあるでしょう。

しかし、それに安住してしまい、常に刷新の意識や努力を怠ると競合店などに負けてしまう可能性も否定できません。

成功するオーナーは、本部の理念や取り組み、収益性などの実績を元に連携を怠らず、経営安定のために努力をし続ける人が多いようです。

逆に、失敗してしまうオーナーの特徴は、マーケットの動向や何がトレンドなのかなど、新しい情報に無頓着で本部との連携が少ないといえるでしょう。

経営に真剣であれば、市場の動きに敏感となるのは自然なことです。

まとめ

フランチャイズは本部のサポートや経営方法の提供など、さまざまなメリットがあります。

独立や起業を模索する人にとっては、魅力のあるビジネススタイルといえるでしょう。

しかし、本部のサポートがあるからといって、すべてのオーナーが成功するかといえばそうではありません。

本部の選定と綿密な連携、収益性をあげる日々の対応、トレンドへの関心などの努力が必要です。

フランチャイズは安定した経営が可能なビジネスである反面、ロイヤリティなど経費もかかります。

経費を利益で回収できる、成功する経営を目指していきましょう。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ