初めて開業する場合でも営業しやすいといわれている業態に、フランチャイズがあります。

フランチャイズはファストフードやカフェなどの飲食店、コンビニなどの小売店で取り入れられている経営システムです。

ロイヤリティやマージンといった独自の仕組みがあり、自分一人で店舗を営業する場合とは経営方法が大きく異なるため、利用する場合はあらかじめ特徴を把握しておくのが重要です。

ここでは、フランチャイズに加盟するときに注意するポイントを紹介します。

フランチャイズを利用するメリット

フランチャイズに加盟すると、フランチャイズを展開している事業本部からさまざまなサポートが受けられます。

例えば、商標やサービスなどの利用が可能になります。

経営のノウハウやマニュアルなど、店舗の運営に関わることも教えてもらえます。

また、企業や店舗のブランドイメージを利用できるのも大きなメリットです。

加盟したフランチャイズに知名度がある場合は、開業した当初でも多くのお客さんに抵抗なく利用してもらえます。

そのため、集客のためにかける広告宣伝費を抑えることが可能です。

開業の準備を進めている段階から事業本部のサポートを受けられるので、不安なく営業を続けられるでしょう。

フランチャイズに加盟すると発生するロイヤリティ

フランチャイズに加盟して営業を始めると、ロイヤリティを支払う必要があります。

ロイヤリティは、フランチャイズの仕組みを利用してサポートを受ける対価として事業本部に支払うお金です。

ロイヤリティの金額は企業やチェーン店によって異なりますが、売上総利益や売上高の数%を支払う方法が一般的です。

ロイヤリティは毎月支払わなければならないので、店舗のオーナーにとっては大きなランニングコストになります。

フランチャイズを利用して開業する際は、ロイヤリティが発生することを念頭に置いて営業の計画を立てる必要があるでしょう。

ロイヤリティに関係するマージンとは?

マージンは売上総利益とも呼ばれ、売上高から仕入れなどの売上原価を引いて計算されます。

ロイヤリティの金額は、店舗のマージンで決まる場合が多いといわれています。

マージンを把握せず適当に経営していると、一定の支出であるロイヤリティによって経営が厳しくなってしまう可能性が高くなります。

そのため、順調に営業を続けるにはマージンの把握が非常に重要なポイントとなります。

マージンの中には、店舗を営業する上で必要になる人件費や販売管理費も含まれています。

これらの費用を抜いてしまうと金額が大きく変わってしまうため、計算する際は十分注意しましょう。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

順調に営業するには資金管理が大切

フランチャイズを利用して営業するときは、オーナーとして店舗を運営することになります。

オーナーの仕事はスタッフや資金の管理など、経営の中心に関わる場合がほとんどです。

特に、店舗の運営に大きく影響する資金の管理はしっかりと行う必要があります。

ロイヤリティは、店舗の売上総利益や売上高から一定の率で支払われます。

また、従業員の給料などの諸費用も売上総利益から出さなければなりません。

ロイヤリティや給料を支払っても赤字にならないよう、収支のバランスを比較しながら資金を管理しましょう。

フランチャイズを選ぶ際のポイントとは?

フランチャイズを利用するときは、加盟する前に契約の詳細を調べ理解することが大切です。

自分が無理なく営業を続けられるような条件を提示しているフランチャイズを選びましょう。

チェックする際のポイントは、マージンやロイヤリティの平均額、サポートの内容などです。

業種別のマージンやロイヤリティの平均額を把握して、フランチャイズを決めるときの判断基準にしましょう。

年収が300万円ほどになってしまう場合は、店舗の運営が厳しいといわれています。

収支のバランスに不安があるようなフランチャイズは避けた方がよいでしょう。

まとめ

フランチャイズの仕組みを利用して営業する場合は、資金管理が非常に大切です。

収支のバランスを把握した運営は、順調な営業を続けるための重要ポイントとなります。

特に、マージンやロイヤリティは店舗の運営に大きな影響を与えるため、必ず確認しましょう。

フランチャイズの事業本部に問い合わせれば、契約内容の詳細を知ることが可能です。

営業を始めてからトラブルが起こらないよう、しっかりと確認して不安をなくしてから開業準備に取りかかりましょう。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ