飲食店はオリジナル性を出しやすく、お客さんに受け入れられやすい業種といわれています。

開業する際に重要なのが、店舗設備や営業方法などの確認です。

事前にしっかりとチェックしておかないと、開業日に間に合わなかったり開業後にトラブルが起こったりして、営業がつまずいてしまう可能性があります。

チェックリストを作成して確認すれば、漏れなく開業準備ができるでしょう。

ここでは、飲食店を開業するときにチェックすべき項目を中心に紹介します。

工事の前後で内装・外装を確認しよう

店舗の内装・外装工事を始める前には、希望通りのデザイン・設計になっているか必ず確認しましょう。

工事が始まってから変更を依頼すると、工期が伸びたり費用が多く必要になったりする可能性があるためです。

同様に、工事後の内装・外装をチェックする際にも、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

内装をチェックする際は、照明や客席の状態を確認します。

照明の明るさと方向が適切であるか、実際に照明をつけてチェックしましょう。

客席は、お客さんが店舗で居心地よく過ごせるように配置を工夫します。

すべての客席に座ってみて、目線や導線を確認してみるとよいでしょう。

歩きやすいよう、通路に物を置かないようにするのも大切です。

外装では、清潔感ある雰囲気や看板周りが大切になります。

不要なものを置かないようにし、こまめに掃除を行いましょう。

また、看板の位置や照明が適切か、目にとまりやすいかもチェックすべきポイントです。

営業を開始するための手続きや販促方法をチェック

営業を開始する前に、必要な手続きはすべて済ませておきましょう。

必要な手続きは、開業届けや保健所への申請などです。

書類の内容や手続きの種類は、業態によって異なる場合があります。

どんな手続きを行う必要があるのかよく確認しておきましょう。

飲食店は火を扱う機会が多い業種です。

万が一の事故にも対応できるよう、火災保険などの保険に加入するのもよいでしょう。

加入が義務化されている保険や資格もあるので、手続きが済んでいるかチェックします。

集客を行う上で重要となるのが、販促の方法です。

開業前に告知を出したり、近所への挨拶回りを行ったりして、心地よく営業できるようにしましょう。

幅広い客層に店舗を知ってもらうには、ホームページやチラシの作成、グルメサイトの登録が不可欠です。

集客を成功に導けるよう、自分の店舗のコンセプトに合った方法を選びましょう。

開業前には備品を揃えよう

開業の準備を進めている際は、設備や備品の状態もチェックすべきポイントになります。

備品が多い場合は、チェックリストを作って確認するのもおすすめです。

電気機器や厨房機器が正常に動作するか確認し、使い方を把握しておきましょう。

排水設備・冷暖房が使いやすいかも忘れずにチェックします。

また、順調に営業を続けるために重要なのが皿・グラス・カトラリー(ナイフ・フォーク・スプーンなどの総称)の数です。

数が十分に足りているか、使いやすく整理されているかを確認しましょう。

皿やグラスが足りない場合は、お客さんに提供するまでの時間が長くかかってしまう可能性があります。

客席の数や客層を考慮した適切な数が必要です。

さらに、清潔感を保つための掃除用具・日々の営業で使用する釣銭・メニューブックも用意します。

営業を開始してから慌てないよう、準備の段階で念入りにチェックしましょう。

飲食店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

料理やサービスの工夫は特に重要

飲食店にとって商品となる料理やドリンク・サービスの質は特に確認すべき項目になります。

こだわりを出したり、独自性を持たせたりするとよいでしょう。

メニューの工夫は、店舗を成功させるためのポイントのひとつです。

メニューの味付け・盛り付けをお店のコンセプトに合うように工夫すれば、独自性を出しやすくなります。

また、適切な温度で提供できるかチェックすることも必要です。

作りたてを意識してもらえるように、温かさ・冷たさを調節します。

飲食店では、サービス内容が店舗の印象に大きな影響を与えます。

スムーズに接客できるよう、オーダーの受け方や会計方法などのオペレーションもしっかり確認しましょう。

スタッフを雇う場合のチェックポイントは?

店舗の規模が大きかったり忙しかったりする場合はスタッフを雇用しなければなりません。

営業を順調に続けるためにも、スタッフの管理がしっかりとできているか確認が必要です。

開業の前にはスタッフの連絡先をまとめて、勤務シフトの準備をしましょう。

スタッフが着用するユニフォームの用意やトレーニングも行います。

勤務する際のルールとして、服装と身だしなみの基準を設けるのもよいでしょう。

業種や店舗のコンセプトに合わせ、適切な準備を済ませておきます。

まとめ

飲食店を開業する際には、店舗内の設備から営業の内容までさまざまな確認が必要です。

確認すべき項目をまとめ、チェックリストとして活用するのがおすすめの方法です。

チェックリストを使用すれば準備を計画的に進められるため、安心して開業日を迎えられます。

営業を始めるには、手続きや申請を行う必要もあります。

慌てることのないよう、手続きや申請は早めに行うとよいでしょう。

飲食店はお客さんとの距離が近い業種なので、料理やサービスの質が顧客満足度に大きく影響するといわれています。

独自の工夫ができているかもしっかりとチェックして、飲食店開業を成功させましょう。

飲食店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ