カフェを開業して、あまりにもお客さんが少なくて落ち込みたくないですよね?開業してすぐにたくさんの方に来てもらうのは難しいですが、開業前に少しでも準備しておくためにお勧めの宣伝方法を紹介します。

カフェを開業することに決めたら、宣伝・広告についてしっかりと勉強する必要があります。

オープン時にはだれもあなたのカフェを知らず、なにも努力をしなければお客さんは来てくれません。満足の料理・飲み物を提供し続けることで口コミは増えていきますが、それには長い時間がかかります。ですので、口コミによる集客を待つのではなく、自分自身でも世間に自分のカフェのことを発信していきましょう。

 

1.媒体種類による違いとは?

2.チラシでの宣伝効果

3.ホームページ・ブログを利用した宣伝方法

4.SNSを利用した宣伝方法

まとめ 

1.宣伝種類による違いとは?

(1)マスコミの利用

一つ目はマスコミです。マスコミとは、新聞広告・雑誌広告・テレビ・ラジオを指します。これらの媒体は、広い地域に短期間で情報を伝えてくれますし、効果が大変高いのですが、費用も高額ですので、個人経営のカフェには向いていません。

人気が出てから、テレビや雑誌からの依頼で取り上げられるのであれば費用は掛かってこないですが、マスコミ媒体が取材をしたいと思うような話題の店・人気店になるまでの宣伝・広告方法を考える必要があります。

(2)屋外広告の利用

二つ目は屋外広告です。屋外広告に含まれる看板はどのお店も作成すると思いますが、それ以外の電柱看板・ネオンサイン・大型映像ビジョンは個人経営のカフェには宣伝方法も価格帯も不向きです。

(3)その他の利用

三つ目はその他媒体です。この中でカフェに向いているのはフリーペーパー・店舗内広告でしょう。

フリーペーパーは地域誌ですので、近所に住む主婦層が目にすることになります。また、店舗内広告とは、仕入をしているコーヒー豆店に置いて頂くことが可能でしょうが、競業の場合にはおいてもらうのは難しいでしょう。また、一覧には載せていませんが、ちらしもシンプルではありますが、カフェの集客には効果的です。

お店の前で配布したり、公園で配布したり、近くの住宅にポスティングすることも可能でしょうし、オフィス街などでオープン予定の場合は、通勤時間に合わせて、最寄りの駅でランチ情報が掲載されたチラシを配ると良いでしょう。但し、集合住宅ではチラシのポスティングが禁止されているところもありますので、注意しましょう。無理にチラシを配布することにより、悪い印象になります。

(4)インターネット広告の利用

最後に四つ目がインターネット広告です。

SNSやホームページ、ブログを使用することにより、お金をかけずに広く宣伝を行うことが可能となります。インターネット広告は自分の好きなタイミングで、自分が望む情報を配信することが可能ですし、その手軽さがカフェ経営には向いていると考えられます。また、一度興味を持ってくれたお客さんの情報(SNS上のプロフィールなど)を蓄積していくことが出来ますので、期間限定情報をリピーターのお客さんに効率的にお知らせすることも出来るので、顧客満足度にもつながるでしょう。

広告

次の章では、カフェの宣伝方法に向いている、チラシ広告とインターネット広告ついて説明していきます。

2.チラシでの宣伝効果

チラシの配布は、地味な作業ですが、直接チラシを渡すことで、もらった人の印象にも残りますし、その地域でどの時間たちにどのような人たちが外出しているのかを実際に知るいい機会にもなりますから、出来る限りチラシ配布は行いましょう。

作成に関してですが、パソコンで自分で作ったもので構いません。また、手書きのメッセージなどを付け加えることで、温かみのあるチラシが出来上がります。カフェは人が和みに来る場所ですので、全てパソコンで作った、用件だけを記載した事務的なチラシは避けましょう。

 

またそのチラシに、チラシを持ってきてくださった方へのドリンクサービス券や、2名以上に10%割引などの特典を付ければ来店意欲もより湧くでしょう。

 

3.ホームページ・ブログを利用した宣伝方法

最近はホームページを持っていないお店の方が少ないですから、ホームページを開設しただけで満足してはいけません。検索エンジンで上位に上がるようにするのには非常に難しいので、ホームページはお客さんがお店のことを知るツールの一つに過ぎないことを把握し、いくつかのの宣伝媒体を組み合わせて宣伝・広告を行います。

ホームページ作成に関しては、素人が一から作成しようとすると難しいと感じてしまうと思います。だからと言って、業者にホームページ作成を依頼すると、新規作成だけで何十万とかかりますので、もし自身でホームページを作成するのが難しい場合には、ブログをお店のホームページ代わりとして使用することをお勧めします。

ホームページに何度も来てもらうためには、最新情報などを随時投稿し続けることが重要となります。この点からも、更新に都度作業料がかかってしまう外部発注は避けた方が良いと言えます。

ブログは自分で作成と更新ができ、一般的には無料で使用可能です。

また、ブログにはテーマによりランキング参加も可能ですので、カフェに興味のある方々が集まっている場所に自分のお店の情報を配信していくことが可能と言えます。

 

4.SNSを利用した宣伝方法

ブログ運営を行いながら、可能であればFacebookなどのSNSとブログを連携し進めていきましょう。

Facebookも広告をかけない限りは無料ですから、好きなだけ投稿することが可能です。Facebookとブログに異なる記事をあげるのではなく、同じ情報を同時に投稿し、Facebookとブログそれぞれリンクで飛べるように投稿しましょう。

さらに最近ではLINE@を利用した宣伝広告も有効です。LINE上で友達になっている全ての人にメッセージを伝えることが出来ます。それだけではなく、通常のLINEと同様、1対1のメッセージやり取りも可能なので、お客様と密に付き合うことも可能となるでしょう。LINE@のプランは現在3種類あり、無料のプランもあり、有料プラントとの違いは、友達登録数とタイムライン投稿リッチメッセージの配信の可否です。友達の数1,000人まではフリープランで良いですし、途中から有料プランに変更することも可能ですので、フリープランから試してみるのが良いでしょう。

【まとめ】

宣伝をしない限り、あなたのカフェを世間に知ってもらうことは出来ません。開業前にどんな宣伝方法があるかを知り、自分に合った宣伝方法をしましょう。