お好み焼きが好きな人の中にはお店を持って自分で提供したいと考えるようになる人もいるでしょう。

会社を辞めてお好み焼き店の開業を目指す人もいるかもしれません。

お好み焼き店を開業するからには成功して事業を続けていくことが必要です。

そのためには、成功のコツを把握して周到な開業準備をすることが重要となります。

しかし、お好み焼き店などの飲食店経営の経験がない人はどのように開業準備を進めたらよいか、成功のポイントは何かがわからないこともあります。

そこで、お好み焼き店開業のポイントとなる経営形態や開業資金・運転資金、差別化を図るためのメニュー作りなどについてお伝えします。

ポイントを理解してお好み焼き店開業を成功させましょう。

お好み焼き店を開業する意義と責任

お好み焼き店を開業することの意義や責任は3つあります。

1つ目は自分のやりたいことを実現できるということです。

お好み焼きを作ってお客さんに喜んでもらいたい、独立開業したいといった希望を持っている人は、お好み焼き店を開業することで実現できます。

2つ目は社会貢献です。

人にとって食べることは欠かせません。

また、ただ食べるだけでなくおいしいものを食べることによって幸せを感じることもできます。

お好み焼き店を開業しながら食を通じて社会に貢献できるという意義もあります。

3つ目は経営者になるということです。

会社員と違って、自分で考えて経営を進めていける醍醐味を感じることができます。

一方で、成功も失敗もすべて経営者本人の責任となります。

経営責任を負うという自覚も必要となるでしょう。

会社員のように、困ったら上司や同僚が気を利かせて助けてくれるということはありません。

覚悟を持って独立開業することが求められています。

経営スタイルや規模には選択肢がある

お好み焼き店を開業するにあたって、どんな経営形態を選択するかは大きなポイントとなります。

個人店で開業する場合は、自分の思った通りに経営をしていく自由度を確保できますが、未経験の人は経営ノウハウがないためすべて一からの勉強になります。

そのため、開業して経営が軌道に乗るまでは苦労することも多いかもしれません。

フランチャイズシステムを利用して開業する場合は、開業に関するさまざまなサポートが得られるため比較的早く開業にこぎつけるメリットがあります。

また、経営ノウハウを提供してもらえる、安く材料が調達できる、名の知られている店名を掲げることで集客が有利になるなどの魅力もあります。

デメリットとしては、経営の進め方について本社の指導に従いロイヤリティを支払う必要があることがあげられます。

さらに、どんな規模のお店にするかについても選択肢はさまざまです。

店舗を構えるときは小規模から中規模まで、あるいは屋台で営業する方法も考えられます。

最初は無理のない規模で開業することをおすすめします。

店舗は立地によって売上が左右され、屋台は場所を使用する許可を得るのに苦労する場合があるでしょう。

開業費金や運転資金はどれくらいかかる?

お好み焼き店を開業するときに気になるのが、開業にあたってどのくらいお金が必要となるのか、開業後の運転資金としてどの程度の金額を見ておけばよいのかといったお金に関することでしょう。

自己資金が潤沢にある場合は問題ありませんが、自己資金で不足する分は、銀行からの借入や制度融資などを活用することになります。

どの程度の借入が必要になるかを知っておかないと開業の決断はできないでしょう。

店舗の規模によっても変わってきますが、一般的な開業資金は800~1500万円といわれています。

店舗を借りる場合の保証金や内装・外装工事費用、設備代金、開店当初の宣伝費用などが含まれます。

また、開業後は運転資金も必要となります。

お好み焼き店を経営するときに必要となる一般的な運転資金は400~600万円といわれています。

開業資金と合わせた金額から自己資金を引いた金額が必要となる借入金額となります。

屋台のお好み焼き屋でスタートする場合はもっと低い金額で始めることもできます。

鉄板焼き店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

居抜き物件を活用して開業資金の負担を減らす

開業費金はできるだけ抑えた方がその後の経営のためにも有利になります。

開業資金を減らすことができれば、貴重な自己資金を開業後の運転資金に回したり借入金を減らしたりできます。

開業費金を抑える方法としては、居抜き物件を借りる方法がおすすめです。

居抜き物件とは、前のお店の内装・外装、厨房設備や各種の機器がそのままの状態で借りられる物件のことです。

居抜き物件を借りて営業することによって、内装・外装工事の費用を大幅に抑えることができるメリットがあります。

もちろん、前のお店が飲食店だったとしても最小限の手直しは必要になりますが、スケルトンの物件を借りて工事をする場合と比較すると開業資金として必要となる金額の差は明らかです。

また、厨房機器やその他の設備も残されたものが使えるようであればできる限り再利用するとよいでしょう。

お好み焼き店の場合は各客席に鉄板を設置し効率の良い排気設備が必要となりますので、そういった設備がすでに備わっている居抜き物件を選ぶと開業資金の負担がより減ることになります。

お好み焼き店開業で必要となる資格

飲食店を開業する場合は、飲食店営業許可が必要となります。

お好み焼き店も飲食店ですので、保健所に対して許可申請を行いましょう。

店舗に関する要件や設備に関する要件が決まっており、基準を満たさないと許可が得られません。

物件選びの段階から意識しておくことが重要です。

前のお店が飲食店だった居抜き物件を借りる場合は問題ないケースが多いですが、スケルトン物件を借りて内装工事を施す場合は保健所の基準に合うように工事内容を決めることがポイントになります。

また、飲食店を営業するときは、食品衛生責任者もしくは栄養士、調理師の資格を持っている人を配置することも求められます。

資格がなく1人で営業する予定の場合は、開業前に講習を受けて食品衛生責任者の資格を取得しておきましょう。

さらに、提供した食品は製造物責任法(PL法)の対象になりますので、PL保険に加入することをおすすめします。

環境衛生営業法や消防法に基づいて防火管理者を置くなど、関連法の遵守にも十分意識しておくことが必要です。

他店とメニューなどを差別化しリピーターを確保

お好み焼き店を開業するときに考えなければいけないことは、競合他店との差別化です。

競争相手がいなければビジネスは楽ですが、そうはいかないのが普通です。

近所にライバル店がある場合はもちろん、隣町のお好み焼き店がライバルとなるケースもあります。

そのため、新規開業するのであれば競合他店に負けないような特徴を打ち出して集客する工夫が必要です。

店舗の見栄えや設備で差別化する方法もありますが、肝心のお好み焼きなど提供するメニューに特徴がなければリピーターの確保は難しいでしょう。

メニューを工夫する方法としては、広島風や関西風など地方独特のお好み焼きであることをアピールする方法や、もんじゃ・たこ焼き・鉄板焼きなどお好み焼きに近いものをメニューに加えてバラエティ豊かにするという方法が考えられます。

独立開業したら、どういった工夫で集客しどのようにリピーターとして通ってもらうかを考えることが経営者としての大切な仕事になります。

まとめ

お好み焼き店を開業する場合は、本人のやる気と周到な準備をしておくことが大切です。

開業準備のポイントは4つあります。

1つ目は個人店かフランチャイズ店かを選択することです。

メリット・デメリットを比較して自分に合った方法で開業しましょう。

2つ目は資金の手当てです。

開業費金だけでなく運転資金を考慮して資金調達することがポイントになります。

店舗の規模によって必要資金は変わりますので、まずは無理のない規模で開業することをおすすめします。

3つ目は必要となる手続きをしっかり行うことです。

開業までに必要な許可申請や資格取得を済ませる必要があります。

4つ目は差別化です。

特にメニューを工夫することが重要な目標になります。

4つのポイントをしっかり押さえて、失敗のないお好み焼き店を開業し営業していきましょう。

鉄板焼き店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ