メールアドレス

メールアドレスを正しく入力して下さい。

メールアドレスを入力して下さい。

パスワード

半角英数字(0~9,a~z,A~Z)で4文字以上入力してください。

パスワードを入力して下さい。

フランチャイズ(FC)加盟募集で独立・開業・起業する情報比較サイト

フランチャイズの募集、独立・開業・起業情報の比較ならビジェントフランチャイズ
  • 今週の新着&更新15 ※火・金更新
フリーダイヤル 0120-536-015

フランチャイズ(FC)募集や独立・開業・起業の比較情報サイト

ここなら見つかる!あなたのビジネス

まだまだあります!情報更新フランチャイズはこちら

今週の新着&更新一覧を見る

収益モデル

  • フランチャイズとは、フランチャイジー(加盟店オーナー)とフランチャイザー(運営本部)との間で契約が締結され、ロイヤリティ(加盟金)を支払うことで商標の使用権や運営するブランド商品・サービスの販売権を得ることができる仕組みです。

    また、使用権や販売権だけではなく、運営本部の経営ノウハウも提供される事が多く、業界未経験の個人事業主や法人企業であっても低リスクで新しいビジネス分野の独立開業ができることがメリットといえます。

  • フランチャイジー(加盟店オーナー)とフランチャイザー(運営本部)の関係性は、両社で締結されるフランチャイズ契約により、対等な関係性といえます。

    加盟店オーナーは、ブランドの使用権や販売権を得る代わりに、運営本部へロイヤリティ(加盟金)を支払います。フランチャイズチェーンを展開する運営本部は加盟店オーナーが成功するために経営ノウハウの提供等、様々なサポートを提供していることが多く、加盟店オーナーの成功=運営本部の成功に繋がる構図となっています。

  • フランチャイズのロイヤリティ(加盟金)とは、フランチャイザー(運営本部)が運営するブランドの商標使用権や販売権を提供する対価として、フランチャイジー(加盟店オーナー)が支払う手数料になります。

    ロイヤリティの料金相場は運営本部や業界によって異なり、一律料金を支払う契約もあれば、売上に対しての割合で支払う契約など様々です。フランチャイズ契約を締結する前に、契約内容を確認して独立開業することが重要となります。

  • フランチャイズ契約を締結するメリットとして、フランチャイザー(運営本部)から経営ノウハウ等を提供されることが挙げられます。

    仕入先、接客・販売促進方法等、業界未経験から独立開業すると時間がかかるノウハウの提供や指導を運営本部から受けることができるため、失敗することが少なく、低リスクでの独立開業が可能となります。フランチャイズ契約を締結する前に、運営本部のサポート内容等を確認して独立開業することが重要となります。

  • フランチャイズ契約で独立開業する上で、フランチャイザー(運営本部)からの研修・サポート内容を確認することを忘れないでください。業界未経験の場合、運営本部の研修制度や業務マニュアル等の提供、また内容の充実が、未経験でも業界参入して失敗するリスクを軽減させることなります。

    研修内容やサポート体制は運営本部によって異なりますので、フランチャイズ契約を締結する前に確認して独立開業することが重要となります。

  • フランチャイズ契約による独立開業では、フランチャイザー(運営本部)の運営するブランドの商標使用権や販売権を得ることが最大のメリットといえます。

    知名度が一定以上あるブランドであれば、知名度・認知力を生かして集客が可能になり、無認知のブランドと比較して、エンドユーザーの獲得が安易になります。只、有名ブランドのフランチャイズ契約は加盟金が高額になるケースもあるため注意が必要です。事前に契約内容を確認し、費用に見合ったブランドであるかを見極めて独立開業することが重要となります。

  • 通常の独立開業では、商品や備品の仕入れ先を一から選別してトライアルアンドエラーしなければなりません。フランチャイズ契約の場合は、フランチャイザー(運営本部)の成功事例に基づく仕入れ先を提供されるため、失敗が少なく、無駄なコストを削減して早期の収益化が可能になります。

    また、在庫を必要としない業界のフランチャイズも多いため、事前に商品や備品の仕入れや在庫有無等の契約後の費用面を確認して独立開業することが重要となります。

  • 独立開業する上で、開業資金という問題があります。フランチャイズ契約では、過去のフランチャイジー(加盟店オーナー)の実績やフランチャイザー(運営本部)の経営状況を加味されるため、信頼性が高い事業計画書を作成することが可能になります。そのため、銀行や日本政策金融公庫からの融資を受けやすく、補助金や助成金等の対象として承認される可能性も高くなります。

    個人の信用では難しい融資でも、フランチャイズ契約を活用して独立開業することができます。

  • フランチャイズのパッケージの提供を受ける代わりにその対価として、開業時に加盟金、そして毎月のロイヤリティの支払いが発生する場合があります。

    • 【加盟金】
      契約締結時等に、本部に支払いを求められる一時金です。フランチャイズ本部によってその金額には大きな差があり、100万円~500万円といった支払いが要求されます。
    • 【ロイヤリティ】
      加盟店が本部に支払うロイヤリティには、いくつかの定め方があり、毎月定額性や売上高比例制といったもの、あるいは定額制と変動制を組み合わせたパターン等があります。
      毎月の純利益と密接な関係があるため、また、その月が赤字の時も支払い義務が発生する場合があるので、事前に綿密にシミュレーションを行うことが重要となります。
  • フランチャイズのパッケージを提供してもらう代わりに、そのブランドや看板をそのまま活用できるのがメリットですが、一方で逆にその看板が理由で経営に影響をもたらす可能性もあります。

    仮に、そのブランドのイメージが何かしらの不正(賞味期限の改ざん、品質不正表示等)や食中毒などで低下した場合、もろにその影響を受けることになります。

    また、近年ではアルバイトがいたずらで店内での悪ふざけの動画や写真をSNSに投稿し、それが拡散されたためにブランドのイメージを著しく損なったケースもあります。

  • フランチャイズ本部は加盟者に対して商品・備品の仕入れ先を推奨したりする場合があります。理由としては、ブランドイメージの統一・提供するサービスや商品の品質保持といった目的があります。

    また、そのほかのメリットとしては、仕入れ先集中化によって仕入れ価格を低減することができます。ただし、自身で好きなように店舗経営をしたい場合は、仕入れ先を決定できない為、自由度が低くなるというところがデメリットになります。

  • フランチャイズに加盟して独立開業すると下記のようなメリットがあります。

    • ・知名度・看板・名声を利用することができる
    • ・確立された経営ノウハウの提供を受けるため、起業リスクを軽減
    • ・商品開発の試行錯誤が不要
    • ・仕入れにおけるスケールメリット
    • ・知識・経験がなくても起業可能

    個人で開業となると高いハードルとなるところをフランチャイズであればカバーできます。
    実際にフランチャイズ経営で成功しているオーナーの事例としては、下記のスキルを持っていると成功しやすいといわれています。

    • ・問題解決の能力
    • ・仮説を立てる能力
    • ・先取り能力
    • ・PR企画能力
    • ・コントロール能力

    現状をきちんと把握し、問題となる事を洗い出し、解決策を仮説として立てて、それをいち早く実行に移すという流れを、繰り返し正しく行うことができれば経営者として確実に成長もしますし成功へ大きく近づきます。
    また起業で失敗をしたくないなら、失敗事例から学ぶことがとても重要となります。

    • 【事例1】契約書や契約条件の見落とし
      「競業禁止条項の見落とし」がよくある契約条件の失敗例。本部と契約している期間のみでなく、加盟解除後も違約金等、対象になるため注意が必要。
    • 【事例2】資金不足
      開業資金が当初予定していたよりもかかってしまった・経費の見積もりが甘かった
    • 【事例3】本部と上手く連携できなかった
      本部と連携をとらなくなり、売上改善の打開策を出せず失敗に陥る
    • 【事例4】立地の選定ミス
      商圏調査を怠り、手持ちの資金との兼ね合いで立地を選んでしまった
    • 【事例5】外部環境の変化による影響
      近隣に自社ブランドの大型店舗が出店してしまった
    • 【事例6】収益予測の見積もりを誤った
      モデル収益を鵜呑みにしてフランチャイズを始めてしまったが、実際は半分以下だった
  • 通常のビジネスでは、マーケット調査をしてから売上予測や利益率の計算をするので、成功するか否かは不確実です。一方、フランチャイズはまず成功したという実績からスタートするので、その優位性は一目瞭然です。

    オーナーの年収は立地条件や、最初から店舗・土地を持っているかにもよりますが、きちんと事業計画を立てて、収益計算をしていれば年収1000万円を実現することは可能です。

    フランチャイズオーナーの収入に大きく影響を与えるものとして、ロイヤリティがあります。業種やプランによっては、0円プランや定額・もしくは低率のプランが用意されている場合もあります。しかしながら、ロイヤリティの有無や高低で利益が出せるかは定かではない為、ビジネスの将来性や、優位性、本部のサポート体制等を多角的に検討することが重要となります。

  • フランチャイズの加盟までは下記のような流れでプロセスを踏むのが一般的です。

    • ・お問い合わせ・情報収集
    • ・面談・物件検索・調査
    • ・売上・収益シミュレーション
    • ・FC契約の説明
    • ・資金調達
    • ・FC契約の締結

    本部と契約をしたい場合、契約書や法定開示書面をよく読む必要があります。不明点は担当者に確認を求めましょう。

    開店する店舗の候補があるのであれば、立地状況を調査する必要があります。
    また、これと同時並行で事業計画書の作成も必須です。手持ち資金をどれくらい用意し、金融機関からいくら調達可能なのか、またその返済計画を事業軽薄に折り込んでいった際、生活が成り立ち得るのかという様々な観点から検討する必要があります。

    契約の締結をしたら、いよいよ開店準備です。店舗オープンの準備と、人材の研修を同時並行で進めていくのが効率良く、最短でのオープンフローとなります。

    【人材研修】

    • ・店長選定・研修
    • ・スタッフ募集・選考
    • ・パート・アルバイトの研修

    【店舗準備】

    • ・店舗設計
    • ・施工・什器備品の準備
    • ・検査・引っ越し

    基本的にはオープンまでは本部のSVや担当者が一緒になって開業までの手伝いをしてくれます。また、社員研修や経営相談に乗ってくれるようなサポートも充実している本部もあるので、安心ですね。

  • 起業分野を決定する方法は次の三種類から選択します。

    • 1.分野業態を区分せず、本部の魅力などから決める
      【例】ラーメン店で開業したい場合、ラーメン店を軸として他の業態も視野に入れながら調査
    • 2.外食・小売り・サービスなどの分野から絞っていく
      【例】小売りであればコンビニ・リサイクル・雑貨店などがあり、その中でリサイクルが良いのであれば、アパレル・総合・本などがあり大きい枠から小さい分野に絞り込んでいく
    • 3.ターゲットや商品から決める
      【例】シルバーマーケットが良いのであれば介護系フランチャイズの中でデイサービスと絞る

    下記がフランチャイズ本部の主な業種なります。

    • ・小売・コンビニ
    • ・飲食店
    • ・塾・スクール
    • ・介護・リハビリテーション
    • ・貴金属・ブランド買取
    • ・美容院・エステ
    • ・リペア・リフォーム・清掃
  • フランチャイズに加盟して独立開業するには様々な費用が発生します。
    ご自身で開業資金を貯めて独立開業する他に、本部の独立支援制度や融資を活用することでスムーズに資金集めをすることも可能です。

    1.本部にかかる初期費用

    • ・加盟金
    • ・研修費
    • ・研修用人件費
    • ・初期在庫商品代
    • ・保険金

    2.店舗確保にかかる費用

    • ・店舗建設費・店舗賃借費用
    • ・店舗内装工事費・什器備品購入費用

    3.経営時のコスト

    • ・本部に支払うロイヤリティ
    • ・商品・原材料仕入れ代金
    • ・人件費
    • ・公租公課
    • ・本部から請求されるその他の費用

    「フランチャイズ・チェーン事業経営実態調査 報告書 平成 20 年3月」(出典:経済産業省 商務情報政策局 サービス政策)を見ると、店舗を加盟店側で用意するパターンの開業資金の平均は保証金:197万円、設備投資(什器・備品など)資金:1,624万円、開店時における商品仕入れ・サービス供与額:589万円、研修費:44万円、その他の資金:1,054万円で合計3,280万円となります。

  • フランチャイズに加盟して独立開業を検討しているのであれば、本部の情報をしっかりと比較検討していくことが重要です。気になる本部の情報を更に知るために、説明会・セミナーに参加をして直接話を聞いてみましょう。

    フランチャイズ説明会の参加をする5つのメリットをご説明します。

    • 【メリット1】本部との相性が分かる
      会社の理念や雰囲気、社員の働く様子が確認できるためご自身が加盟した際のイメージがつきます
    • 【メリット2】サポート体制が分かる
      開業前の研修と開業後のスーパーバイジング、両面のサポート内容をしっかりと確認できます
    • 【メリット3】必要な開業資金・収益性が分かる
      ご自身の状況にあった開業モデルや、収益プランを算出・提案してもらえます
    • 【メリット4】サービスの特徴や良さを知れる
      実際にサービスの体験や商品を手に取ることができる説明会も多く、自分自身でサービスを受けることによってより一層、良さや優位性が確認できます。

フランチャイズの関連記事

フランチャイズ基礎

フランチャイズの契約

フランチャイズの資金・ロイヤルティ

フランチャイズのリスク

開業関連の資格・スキル

業界情報

  • ビジェントフランチャイズとは?
  • お問い合わせはこちら
  • 一緒にビジェントで働きませんか?

    キャリア採用情報
  • 掲載をご希望の企業様へ

フランチャイズ募集情報
代理店・業務委託・副業 ビジェント

フランチャイズ募集ならビジェント 代理店募集ならビジェント
ビジェントフランチャイズは独立・開業・起業を通じてチャンスを掴みたいと考えている
みなさまのための情報サイトです。
掲載されている100社以上のフランチャイズ案件から、みなさまのご希望にあった案件を見つけられるように、エリア検索や業種検索だけでなく、こだわり検索も用意しています。
新規事業の立ち上げや既存顧客へ向けた追加商材をお考えの方、会社経営、自分のお店を持ちたい!
または空いた時間に働きたい主婦の方など、様々なライフスタイルにあったビジネスを比較・検討できます!
メルマガにて、あなたにピッタリのビジネスを随時配信中!
メインコンテンツ
ビジェントFCトップページ
フランチャイズを探す
エリアから探す
ジャンルから探す
こだわりの条件から探す
詳細条件から探す
人気ランキングから探す
閲覧履歴から探す
情報コンテンツ
ビジェントマガジン
会員サービス
会員登録
ログイン
パスワードを忘れた方
ビジェントフランチャイズについて
ビジェントフランチャイズとは?
ご利用にあたって
個人情報保護方針
運営会社
ご掲載について
お問い合わせ

こちらのSNSでは最新のフランチャイズ・代理店・業務委託・副業情報を発信しています

ページ上部トップへ

お知らせ

ログインしました

お知らせ

請求リストに追加しました