メールアドレス

メールアドレスを正しく入力して下さい。

メールアドレスを入力して下さい。

パスワード

半角英数字(0~9,a~z,A~Z)で4文字以上入力してください。

パスワードを入力して下さい。

フランチャイズ(FC)加盟募集で独立・開業・起業する情報比較サイト

フランチャイズの募集、独立・開業・起業情報の比較ならビジェントフランチャイズ
  • 今週の新着&更新10 ※火・金更新
フリーダイヤル 0120-536-015

フランチャイズビジネスとは

1535_mainImg
  • お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フランチャイズ」という言葉は耳馴染みのある言葉だと思いますが、意味を正確に説明することのできる人はどれくらいいるのでしょうか?

実際、フランチャイズ店とチェーン店を混同されている方は少なくなく、フランチャイズシステムの健全な発展を図ることを目的に設立された業界団体である日本フランチャイズチェーン協会では、以下のように定義しています。

  • フランチャイズとは、事業者(「フランチャイザー」と呼ぶ)が他の事業者(「フランチャイジー」と呼ぶ)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう。

ビジェントフランチャイズをご利用になられる多くの方を上記に当てはめると、他の事業者である「フランチャイジー」となるわけですが、もっとわかりやすく表現すると「フランチャイジー」というのは「加盟店オーナー」のことであり、フランチャイザーと呼ばれる「運営本部」と契約を締結することにより、ロイヤリティ(加盟金)を支払い、商標の使用権や運営するブランド商品・サービスの販売権を得ることができるようになるのです。

また、使用権や販売権だけではなく、運営本部の経営ノウハウも提供され、業界未経験の個人事業主や法人企業であっても低リスクで新しいビジネス分野の独立開業ができることがフランチャイズビジネスの最大のメリットとなっています。

1

フランチャイズで稼げる?

一般的な独立・起業では、これまでの自分の経験を活かしたビジネスであったり、新しいアイディアを形にするための調査を行い、収益化のための売上予測や利益率の計算をして起業するのですが、それでも成功するか否かはとても不確実です。

その一方、フランチャイズビジネスであれば、既に成功しているビジネスモデルから始めるわけですから、その優位性は一目瞭然で、オーナーの年収は、立地条件や、店舗・土地を所有しているかにもよりますが、しっかりとした事業計画を立て、収益計算を行っていれば年収1000万円を実現することも不可能ではありません。

ロイヤリティを知っておく

フランチャイズ加盟が成功への近道とはいえ、フランチャイズオーナーの収入に大きく影響を与えるものとして、ロイヤリティがあり、その仕組みも知っておかなければなりません。

ロイヤリティについては、業種やプランによって、0円であったり、定額・低率のプランが用意されており、このロイヤリティの有無や高低によって利益が大きく変わってきます。

ロイヤリティ(加盟店)とは

ロイヤリティ(加盟金)というのは、運営本部が運営するブランドの商標使用権や販売権を提供する対価として、加盟店オーナーが支払う手数料のことで、料金相場は運営本部や業界によって異なり、一律料金を支払う契約もあれば、売上に対しての割合で支払う契約など様々。
フランチャイズ契約を締結する前に、契約内容を確認して独立開業することが重要となります。

2

メリット・デメリット

フランチャイズビジネスにおいて最大のメリットは、運営本部から経営ノウハウ等を提供されることが挙げられます。

仕入先、接客・販売促進方法など、業界未経験から独立開業すると時間がかかるノウハウの提供や指導を運営本部から受けることができるため、失敗することが少なく、低リスクでの独立開業が可能となります。

ブランド力を活かせる

フランチャイズ契約による独立開業では、本部の運営するブランドの商標使用権や販売権を得ることで、その知名度・認知力を生かした集客が行えるため、エンドユーザーの獲得が安易になります。

また通常の独立開業の場合、商品や備品の仕入れ先を一から選別しなければならないのですが、フランチャイズであれば、運営本部の成功事例に基づく仕入れ先を提供されるため、失敗が少なく、無駄なコストを削減でき、早期の収益化が可能となり、経営に集中することができます。

銀行からの融資を受けやすい

独立開業する上で、1番の問題と言えば開業資金。
しかし、フランチャイズでは、これまでの加盟店オーナーの実績や運営本部の経営状況を加味されるため、信頼性が高い事業計画書を作成することが可能となり、銀行や日本政策金融公庫からの融資を受けやすく、補助金や助成金等の対象として承認される可能性も高くなります。

デメリットも知っておく

当然のことながら、フランチャイズビジネスもメリットばかりというわけではなく、デメリットも存在します。

まず、知っておきたいのが、フランチャイズのパッケージ提供を受ける代わりにその対価として、開業時に加盟金、そして毎月のロイヤリティの支払いが発生するということ。

加盟金は、契約締結時等に、運営本部に支払いを求められる一時金で、本部によってその金額には大きな差があり、概ね100万円~500万円といった支払いが多いようです。

ロイヤリティについては、毎月定額であったり、売上高に比例し変動するもの、または定額制と変動制を組み合わせたパターンがあります。

毎月の純利益と密接な関係があるうえ、赤字であっても支払い義務が発生する場合があるので、事前に綿密にシミュレーションを行うことが重要です。

ブランドイメージが傷ついたときに影響を受けやすい

フランチャイズのパッケージを提供してもらう代わりに、そのブランドや看板をそのまま活用できるのがメリットではあるのですが、その一方でその看板が理由で経営に影響をもたらす可能性も否定できません。

例を挙げるなら、何かしらの不正(賞味期限の改ざん、品質不正表示等)や食中毒などが起こった場合、その影響を受けることになりますし、近年ではアルバイトが店内での悪ふざけ動画や写真をSNSに投稿し、それが拡散されたためにブランドイメージを著しく損なったなどというケースもありますよね。

3

成功するために

フランチャイズに加盟して独立開業すると以下のようなメリットがあります。

  • 知名度・看板・名声を利用することができる
  • 確立された経営ノウハウの提供を受けるため、起業リスクを軽減
  • 商品開発の試行錯誤が不要
  • 仕入れにおけるスケールメリット
  • 知識・経験がなくても起業可能

個人で開業となるととても高いハードルであっても、フランチャイズであれば、それを十分にカバーすることができます。

また、フランチャイズ経営を行う上で、成功するためには、下記のようなスキルを持っていると成功しやすいといわれています。

  • 問題解決の能力
  • 仮説を立てる能力
  • 先取り能力
  • PR企画能力
  • コントロール能力

現状をしっかりと把握、問題となる事を洗い出し、その解決策を仮説として立て、いち早く実行に移すという流れを繰り返し正しく行うことができれば、経営者として確実に成長もしますし、成功へ大きく近づきます。

オススメのフランチャイズを集めてみました!

author

投稿者:ビジェントFC

  • 2021.03.04 投稿
  • 2021.03.04 更新

フランチャイズ募集情報
代理店・業務委託・副業 ビジェント

フランチャイズ募集ならビジェント 代理店募集ならビジェント
ビジェントフランチャイズは独立・開業・起業を通じてチャンスを掴みたいと考えている
みなさまのための情報サイトです。
掲載されている100社以上のフランチャイズ案件から、みなさまのご希望にあった案件を見つけられるように、エリア検索や業種検索だけでなく、こだわり検索も用意しています。
新規事業の立ち上げや既存顧客へ向けた追加商材をお考えの方、会社経営、自分のお店を持ちたい!
または空いた時間に働きたい主婦の方など、様々なライフスタイルにあったビジネスを比較・検討できます!
メルマガにて、あなたにピッタリのビジネスを随時配信中!
メインコンテンツ
ビジェントFCトップページ
フランチャイズを探す
エリアから探す
ジャンルから探す
こだわりの条件から探す
詳細条件から探す
人気ランキングから探す
閲覧履歴から探す
情報コンテンツ
ビジェントプラス
フランチャイズビジネスとは
会員サービス
会員登録
ログイン
パスワードを忘れた方
ビジェントフランチャイズについて
ビジェントフランチャイズとは?
ご利用にあたって
個人情報保護方針
運営会社
ご掲載について
お問い合わせ

こちらのSNSでは最新のフランチャイズ・代理店・業務委託・副業情報を発信しています

ページ上部トップへ

お知らせ

ログインしました

お知らせ

請求リストに追加しました