フランチャイズの店を開業する場合、直営店とは違った多くのメリットがあります。基本的に最初からほとんど出来上がっている状態の店舗を任されるので開業の為の準備が少なく、自分で一から立ち上げて経営をするわけではないので、安定的に利益が見込めるなど様々な利点があるといえます。とは言え、ビジネスである以上一定の利益を出せなければ経営状態は悪化し赤字になってしまいますよね。
ここでは、フランチャイズで損をしないよう抑えておくべきキホンを4つのポイントに絞ってご紹介します。

1. フランチャイズのメリットとは?

今回のアンケートではフランチャイズを開業することにどのようなメリットがあるかアンケートをとりました。

【質問】
フランチャイズで開業する最大のメリットは何だと思いますか?
【回答数】
店の基本型が決まっているので準備が少なくて済むこと:52
一定の収益が見込めること:25
本部に資金力があること:12
オリジナリティがある:6
市場規模が安定していること:5

アンケートの結果によると、約5割の人が既に基本が出来ているので準備が少なくて済むことがメリットだと回答していました。
以下は実際にアンケートに回答して頂いた方の声です。

・ノウハウを伝授してもらえるところが最大の魅力です。また、知名度があるのも良いところだと思います。(40代/男性/自由業・フリーランス)
・自分で仕入れ業者から内装工事から全部手配する事は難しい。それらをしなくて済むのはメリットだと思う。(30代/男性/パートアルバイト)
・大手企業のノウハウを継承できるという点が大きな魅力だと思います。(30代/男性/会社員)
・開業にて苦労をする一番の要因は金策である。金策は融資をしてくれる銀行等があるかどうかに係りフランチャイルズ経営では本部が資金力を持ちその資金力にて開業が安く行えるところが最大の魅力である。(40代/男性/会社員)

2. フランチャイズでの不安はやはり開業資金、その相場とは?

飲食店の開業費用・初期投資金額と、一言で言っても店舗の規模・業態・立地などによって大きく異なります。費用の基準を知って、開業にどの程度資金を投入するのか、どんな事業体を選ぶのかも自分で判断する必要があります。
フランチャイズ開業への費用の一例を挙げてみました。業種業態によって大きく開業資金が変わってくることがわかります。
【お弁当やテイクアウト店舗のケース】
レストラン等の飲食店に比べ店舗面積を狭く(5坪~10坪は必要)運営できるため、300万~500万円からの開業が可能です。
【30坪程度の店舗のケース】
飲食店の運営にあたり、自由度が高く、オリジナリティーを持たせて運営できる規模だと言われています。30坪程度ですと、30~40席の座席が確保できるため、初期投資金額も、コンセプト等、納得のいく店舗を用意しようと思えば3,000万円以上と格段に大きくなります。
倒産のリスクの低い、フランチャイズでの開業とはいえ、オーナーを目指す方にとっては今後を左右する大きな決断です。事前に情報収集するさいは、店舗面積と初期費用に注目してください。なるべく初期投資は抑えたいと思う方が多くいらっしゃいますが、安定的に高収益を上げるフランチャイズでは回収期間を合わせてチェックしてみてください。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

3. フランチャイズ収益モデル例

フランチャイズ事業の儲かる仕組みとは?
フランチャイズ(FC)に加盟し開業した場合、実際にFC加盟店オーナーの月間収益の平均はいくらなのか?はたして本当に儲かるのか?独立開業を目指す方にとって一番気になるところです。
例えば、最近注目されている。貴金属・買取ビジネスのオーナー収益は2~3人で店舗運営したケースで月次で185万円がオーナーの手元に残る高収益を上げられるビジネスモデルです。

買い取り合計金額 650万円
商品換金後の収益 1,000万円
粗利益 350万円
経費 165万円
(家賃、広告費、ロイヤリティなど)
営業利益 350万円-165万円=185万円
オーナーの手元には月次100万円以上残るビジネスは、サラリーで働いている限りなかなかない好条件だと言えます。初期費用も200万円の自己資金から、というフランチャイズならではの高収益モデルだと言えます。
一方、誰もが、フランチャイズで儲けているとは言えないようです。
原因の一つに、FCの選定方法に原因があることが指摘されています。
フランチャイズの選び方の重要なポイントは大きく2つ。

① 実際の収支内容の提示・成功事例のヒアリングをすること
② フランチャイズ本部の経営理念・提供サービスに共感できるか

上記2つは失敗しないフランチャイズ選定の重要なポイントといえます。
他にも、今後の成長が見込める業界・業種か?など、市場性を見極めることも大切です。
先輩FC加盟店オーナーに聞くのもいいでしょう。フランチャイズに限らず、新規事業成功のカギは事前準備と情報収集力といえるでしょう。

4. 知っておきたい「FCオーナーに必要な5つのスキル」

リーダーシップとカリスマ性は必要ない!?
FCオーナーの中でも、店舗運営を一任して行う「店長」という職種に必要なスキルをご紹介します。
【必要なスキル】
①問題発見能力→現状を把握した上で店舗の問題を分析し、やるべきことを抽出する
②仮説構築能力→従業員全員に対して、店舗目標を具体的に示す
③事前準備能力→従業員の経験・スキルに見合った役割を与える
④プロモーション能力→従業員が仕事を進める上での障害を取り除く
⑤コントロール能力→店舗従業員の精神・身体状態に配慮し、適切な助言・指示を行う
上記5つの能力は、本部が行うオーナー研修や、経験を蓄積することで伸ばすことが出来ます。
しかし、コントロール能力やリーダーシップに必要な「従業員を牽引する力」などは先天的な影響が大きく、経験や教育では補えません。
だからといって店舗運営の夢を諦める必要はありません。
【必要なスキル】の①~③までの能力が充分に備わっていれば、店舗運営に支障はありません。
現状把握→問題を抽出→解決策の仮説立て→実行
この流れを正しく行うことが出来れば、店舗の経営者として確実に成長することが出来ます。

まとめ

自分で新たな仕事を起こすという事にはメリットがあります。
それは自分のアイデアを生かした仕事が出来るという事です。
確かに、大企業の中で安定した収入を得るという生活に比べると不安定になってしまいます。
ですが、自分のやりたいことが出来るという事はそれ以上に多くを得ることができます。

独立をして成功するとは限らないのですが、自分から行動を起こすという事が大きな価値があるのです。
失敗をしても経験というノウハウが手に入ります。
失敗は成功の母とも言いますが、一番よくないのは失敗をしてそれから何も学ばないという事。
独立をするという事を行った人はすでに自分から動くという事が出来ていますから、そこから多くを学ぶことも出来るはずなのです。
自分の人生を自分で作っていくという事が独立の大きなメリットであると言っても過言ではないですね。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ