子供のころから飲食店を経営することが夢だったという人は少なくありません。

しかし、定年後や脱サラをして、未経験から飲食店の開業をする場合でも、飲食店の経営を成功させることができるものなのでしょうか。

何事も未経験から始めるとなると、いろいろなことを考えて不安になってしまうものです。

飲食店を開業するにしても、やはり未経験から始めるとなると失敗のリスクも高くなってしまいます。

しかし、しっかりとした計画を立て、綿密な準備をしてから始めれば、飲食店未経験であっても経営を成功させることは不可能ではありません。

今回は、未経験から飲食店を開業するときの、失敗しないためのポイントや気をつけておきたい注意点などについてご紹介します。

未経験では難しい?飲食店経営の現実

飲食店の経営に限らず、事業を成功させることは決して簡単なことではありません。

会社を立ち上げること自体は難しくありませんが、立ち上げた会社を存続させることは非常に困難な作業だといえます。

実際、起業してから3年以内に破綻してしまう会社は全体の35%に上るといわれています。

つまり、約3社に1社が、起業して3年以内につぶれているということです。

飲食店の開業に限っていえば、脱サラや未経験によって開業された飲食店のうち、なんと90%の割合で3年以内に廃業してしまうともいわれています。

こうして考えると、未経験から飲食店を開業し、しかもお店を繁盛させることは至難の業ともいえるでしょう。

しかし、これこそが飲食店経営の現実であり、むしろこの現実を踏まえているかどうかが成功のカギとも言い換えることができます。

飲食店は人々の生活に密接にかかわっている存在です。

街を歩けば至るところに飲食店が乱立し、自分がお客様としてお店のサービスを受ける機会も少なくありません。

それだけに、自分でもできるのではと安易に考えて、しっかりした計画や準備も立てずに始めてしまう人が多いのです。

未経験から飲食店の開業を成功させるためには、まず「飲食店の現実は厳しい」ということを認識したうえで、事業をスタートさせるという心構えが大切です。

お金の管理は重要!経営者としての視点を持とう

未経験から飲食店の開業を目指すなら、何より綿密な計画と準備が欠かせません。

その際は、独立開業後の金銭感覚をしっかり培っておくことが大切です。

飲食店の開業を検討する人の中には、自分の料理の腕前に自信を持っているという人も少なくありません。

確かに、飲食店を成功させるためには、他社との差別化を図っていかなければならず、提供する料理の腕前に自信があることは成功させるための条件の1つになります。

しかし、実際の飲食店経営においては、おいしい料理を作ってさえいればお店が繁盛するわけではありません。

経営においては資金繰りについても行っていかなければなりません。

料理の腕前に自信があって、他店には出せない一品を提供できたとしても、経理がずさんであってはお店はすぐにつぶれてしまいます。

そのため、飲食店を独立開業するにあたっては、仕入や売上に関する計算など、経営者としての金銭感覚をしっかり培っておくことが大切です。

経営者として物事を考える視点を身に付けることが、未経験から飲食店を始める際の重要なポイントになります。

経営と料理のバランスを考えて商品を提供する

未経験から飲食店を独立開業することになると、やはり料理にこだわって商品を提供したいと考える人が多いです。

もちろん、お店で提供する料理は飲食店にとって命ともいえる商品ですから、料理にこだわりを持って臨むことは大切なことです。

しかし、料理の質にこだわりすぎて、他のことがおろそかになってしまってはいけません。

するべきことは料理の提供ではなく、あくまで経営であるという自覚を持つ必要があります。

経営であるからには、素材はできる限り安く仕入れなければいけませんし、仕入れた素材を無駄なく使うということも考えなければなりません。

素材にこだわりすぎれば、原価が高くなって利益は小さくなってしまいます。

一方、原価を安くし過ぎれば、質の高い料理を提供することができなくなってしまいます。

飲食店の経営を成功させるポイントは、この部分のバランスを程よく保つということです。

仕入れそのものは高級な素材にこだわっても、無駄なく素材を使いきることを心がけていれば、高い品質を維持しながら適切な値段で商品を提供できるようになるでしょう。

このように、飲食店経営を成功させるためには、経営と料理のバランスを考えることも重要なのです。

飲食店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

商圏、立地、動線を考えてお店を構える

飲食店の浮沈は、商圏と立地、導線という3つの要素に大きく左右されます。

どんなに質の高い料理を提供できても、そもそも人が少ない場所にお店を構えては、なかなか集客は見込めないでしょう。

もちろん、常連客を獲得することができれば、立地にハンディキャップがあるお店でも繁盛への道が開けてくるかもしれませんが、未経験から始めるとなると顧客も常連客もいない状態から営業をスタートさせなければなりません。

また、どんなに味に自信があっても、実際にお客様に食べてもらわないと知ってもらえないでしょう。

そういう意味では、どういう場所にお店を立てるのかということは、飲食店を開業するうえで考えなければならないポイントだといえます。

また、そうした立地や導線の問題だけでなく、自分が提供する料理が商圏にあっているかどうかも重要です。

たとえ立地の良いところにお店を構えても、サラリーマンが多い場所で若者向けの料理を提供していては商売は繁盛しないでしょう。

自分が提供する料理と、お店を構える場所の商圏をしっかり把握することが肝心です。

他店をリサーチする!マーケティング戦略の参考に

繁盛するお店には必ず何らかの理由があります。

何の理由もなしにお客様がお店に勝手に集まってくるようなことはありません。

もし未経験で飲食店の経営に何もノウハウがないのであれば、繁盛店や人気店に実際に足を運んでお店の内情をリサーチしてみてください。

これはマーケティング戦略を練る上でも重要な参考になります。

飲食店のマーケティング戦略では、立地や商圏の調査のみならず、サービスの提供の仕方や販売促進のためのアイデアなども明確にしなければなりません。

未経験では戦略の立て方もわからないところが多いでしょうから、他店がどういったサービスの提供の仕方をしているのか、販売促進のためにどういった取り組みを行っているのか、実際に足を運んで詳しく見てみると良いでしょう。

特に自分が立地を検討しているエリアで繁盛しているお店のリサーチは重要です。

そういったお店は自分のお店の競合店にもなるので、店内の雰囲気や料理の味、従業員の接客態度などを調査して、自身のマーケティング戦略の参考にしてみてください。

開業資金はどのくらい必要?

未経験で独立開業を目指す際、開業資金がどのくらい必要になるのかは気になるところです。

飲食店の経営の場合、お店の規模や商品の単価によっても変わってきますが、開業用の自己資金としては300万円から500万円くらいは用意しておきたいところです。

ただ、未経験の飲食店は開業後3年以内にほとんどが廃業してしまうことを考えると、やはり開業資金はできるだけ多めに用意しておいた方が良いでしょう。

初期投資の費用を回収するだけでも難しいので、6カ月から1年くらいは自分の給料がなくても生活できるだけの蓄えはあった方が安心です。

そう考えると、理想的には1000万円くらいの開業資金が必要になると考えておきましょう。

実際、開業するにあたっては初期費用がかなりかかります。

居ぬき物件を用意するのにも400万円から500万円ほどかかるといわれており、スケルトン物件ともなると1500万円から2000万円ほどは初期投資として必要になります。

もちろん、公的機関から資金を借り入れることもできますが、必ずしも希望の満額を借り入れられるわけではないので、資金はできるだけ潤沢に用意しておくに越したことはないといえるでしょう。

まとめ

未経験から独立開業するには、さまざまな紆余曲折を経なければならないでしょう。

開業するにあたっては、計画や資金など、準備すべきことはたくさんありますが、やはり重要なのは理念です。

開業してすぐに成功できる飲食店は多くありません。

いま繁盛しているお店も、必ずといって良いほど厳しい時期を経験しています。

そのときに、心の支えになるのは経営の理念です。

経営者になるということは、自分が給料を与える側になるということです。

給料を与えるためには、売上を生み出さなければなりません。

売上を生み出すためには計画をしっかり立てることが大切です。

しかし、その計画には理念が反映されている必要があるのです。

計画に理念が反映されているからこそ、つらいときもくじけそうなときも乗り切っていけるようになります。

未経験からの飲食店開業には、さまざまな不安が付きまとうでしょう。

その不安に打ち勝って、経営を成功させるためにも、明確な理念をもって綿密な計画を立ててください。

地道な作業かもしれませんが、それこそが成功への近道にきっとなってくれるはずです。

※1.【弥生】飲食店を開業しよう!第1回 飲食店の開業前に絶対知っておきたい「3つの柱(心構え・お金・計画)」
https://www.yayoi-kk.co.jp/content/open/restaurant/01_01.html
※2,【メニューの力】飲食店で失敗しないために開業後に気を付けるポイント!
http://www.menu-shop.com/blog/restaurant/186.html
※3.【FRANCHISE】失敗しない飲食店開業!!5つの秘訣!
https://fc.dai.co.jp/column/expert/1618
※4.【店舗経営レシピブック】飲食店の独立・開業・経営のための13の準備
https://recipe-book.ubiregi.com/articles/inshoku-dokuritsu-kaigyou-keiei-junbi/
※5.【弥生】飲食店を開業しよう!第1回 飲食店の開業前に絶対知っておきたい「3つの柱(心構え・お金・計画)」
https://www.yayoi-kk.co.jp/content/open/restaurant/01_02.html

飲食店のフランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ