開業届や確定申告書には「屋号」という欄があります。屋号の意味が分からないと、それらを提出するときに困ることになるでしょう。

屋号を付けることにはメリットもあるので、独立や開業を考えているなら、正しく理解しておいたほうが良いです。

また、屋号を決めるときには、注意しなければならない点もあります。それらを把握したうえで適切な屋号を考えましょう。

そこで今回は、独立や開業を志す人に向けて、屋号について徹底解説します。

そもそも屋号とはどんなもの?

独立や開業をして個人事業主になっても、法人のように会社名を付けることはできません。屋号とは、その代わりに個人事業主が付けられる名前のことです。

個人事業主になると、個人名を使って活動していくことが基本になります。

しかし、店舗を出すときなど、個人名以外の名前を付けたいというケースも少なくありません。

また、事業内容によっては、個人名を晒すことに抵抗がある人もいます。

その他にも、別の名前を使いたいという理由はいろいろあるでしょう。開業届を出すときに屋号を付けることにより、そのような要望を叶えられます。

屋号を付けるのは必須なの?

開業届や確定申告書には当然のように屋号の欄があるので、必ず記入しなければならないと思う人も多いでしょう。

しかし、独立や開業の際に屋号を付けることは必須ではなく、個人の意思に任されているので、空欄のまま提出しても問題ありません。

たとえば、オフィスを設けずにアフェリエイトなどを事業にしている場合は、特に屋号の必要性を感じないのではないでしょうか。

後からでも屋号は付けられるので、個人名だけでも事業に支障がない間は、無理に付けなくても大丈夫です。

どのような屋号にすれば良い?

屋号には、「会社」「銀行」のように使えない言葉があります。

それ以外のルールは厳しくないですが、業種ごとに付け方の傾向があるので意識しましょう。

店舗を経営するのであれば、店舗名を屋号にするのが一般的です。

事務所や病院も同様に、多くの場合は事務所名や病院名を屋号にします。

ただし、複数の店舗や事務所を持つ場合は、それらを総括するような名前を付けるケースも見受けられます。

ライターやイラストレーターの場合は、ペンネームを屋号にすることも多いです。

また、結婚して姓が変わると仕事に支障が出る女性は、旧姓を屋号にすることもあります。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

屋号を付けるメリットは?

屋号を付けることにより、事業をするうえで便利になることがあります。銀行口座の名義に屋号を入れられるのです。

プライベート用の口座との区別が明確になり、経費や売上の管理がしやすくなるでしょう。

同様に、領収書にも屋号を入れてもらうと、後から見たときに事業関連の出費であると把握しやすいです。

このように、お金の流れが分かりやすいと確定申告書の作成が楽になります。

また、名刺や印鑑に屋号を入れておくと、事業活動の印象が強くなるので、社会的な信用につながるメリットもあります。

屋号を決めるときの注意点

屋号はアルファベットなども使用可能ですが、あまり凝った名前にするのは避けましょう。

口頭で伝わりにくいですし、記入や押印したときも分かりにくいかもしれません。

また、屋号を決めるときは、インターネット検索などを利用して、同じ屋号が使われていないか確認した方が良いです。

近隣で同じ屋号が使われていると、顧客に誤解される恐れがあります。

特に、商標登録されている屋号を使うのは、トラブルの原因になるのでやめましょう。そのような屋号は法務局を利用すれば調べられます。

まとめ

屋号とは、個人事業主にとって大切な看板といえます。事業関連だけでなく、子どもの保育所関連の書類などにも記入する機会があります。

自分の思いだけでなく、他人に与える印象も考慮して決めましょう。

屋号を付けることによって、独立や開業をする際のモチベーションも高まるのではないでしょうか。

特に必要性がなくても、これから頑張っていく決意の表明として付けても良いでしょう。

屋号についても十分検討し、ぜひ好調なスタートを切ってください。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ