独立して自分でビジネスを始めたいと考えたとき、何から手をつけたらよいか悩んでしまうことがあります。

準備から開業まで、予想以上に時間がかかることもありますし、個人で本当に成功できるのかどうか不安になるものです。

そのため、自分でもよく利用している身近なフランチャイズ店舗への加盟を検討することもあるのではないでしょうか。

しかし、フランチャイズに加盟することは、楽なことばかりではありません。

フランチャイズで独立開業したら、どのようなリスクが想定されるのか気になる人もいるでしょう。考えられるリスクについてみていきます。

生活スタイルの変化に対応できる?

フランチャイズの形態によっては、開業すると生活スタイルが大きく変化することがあります。

いままでは土日しっかり休めていたのに、土日が繁忙期になることで、子どもとゆっくり遊ぶ時間がなくなってしまったり、休みが合わないことで友人と疎遠になってしまったりする可能性があります。

そのため、家族の理解や周囲の人の協力が得られるかどうかを事前にしっかり確認しておくことが大切です。

せっかく努力して開業までこぎつけて、ある程度ビジネスが軌道にのりはじめたとしても、気づいたら家族の気持ちが離れ、休みの日に気軽に連絡がとれる友人がいなくなってしまったということは避けたいものです。生活スタイルの変化は、人間関係が変化するリスクを含んでいます。

資金面でのリスク!

生活スタイル変化のリスクだけでなく、資金面でリスクをとらなければならないこともあります。

会社員であれば、毎月の給料がある程度確保できているので、毎月の資金計画がたてやすいでしょう。

しかし、開業するということは、自分が経営にまわるということです。

開業前にまとまった資金を借り入れたり、貯金を取り崩したりすることで、資金面で不安に感じることも考えられます。

その状態で開業できたとしても、売上げが予想通りにあがらなければ、たちまち資金難になってしまい大変な思いをすることになるでしょう。

資金面のリスクは、事前に資金計画の見通しをたてておくことで避けることができます。

たとえば、初期費用が少ないフランチャイズに加盟する、自己資金を十分に用意するなど、資金に不安がないように計画することが大切です。

人手が足りない!

フランチャイズ開業まで無事こぎつけることができれば、ようやく一安心です。

しかし、開業はあくまでも経営が始まった状態であり、その後の運営で予想しなかったリスクに遭遇することがあります。

一定のアルバイトの人数を確保しなければならないビジネスモデルでは、人材の確保ができていなければ、経営にも大きく影響してきます。

人材不足に陥ってしまうと、自らが経営だけでなく、店舗の運営業務に携わらなければならないという状況に陥る可能性があります。

家族の協力が得られるようであれば少し安心できますが、それでも経営者としては精神的にも肉体的にも負担は大きいでしょう。

人手が足りないままだと、経験者が不足した状態になります。結果的にサービス低下につながり、売上にも悪影響を及ぼすことがあります。人材不足もリスクですので採用計画をしっかりたてましょう。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

経営がうまくいかない!

予定していた売上の達成ができない状況が続き困っているが、フランチャイズ本部から希望しているサポートが得られず不安になることがあります。

フランチャイズ本部は、アドバイスや助言は行いますが、達成できなかった売上げに対してすべて保証してくれるわけではありません。

フランチャイズ加盟店の経営者が経営リスクを負わなければならないことを理解しておく必要があります。あくまでも自らが経営者であるという意識をもつことが大切です。

フランチャイズ本部が売上予測を提示してくることがありますが、根拠については理解できるまで確認し、リスクコントロールについて検討すべきでしょう。

同一フランチャイズ加盟競合店が近所に進出!

経営がある程度軌道にのってきて、安心していたのも束の間、近隣に同一フランチャイズ加盟店が進出してしまい売上げが減少してしまったという問題が起こることがあります。

このようなリスクを防ぐためには、フランチャイズ加盟時に本部とテリトリー権の設定について確認をしておくことが大切です。

また、同一フランチャイズでなくても、別の同業フランチャイズ加盟店が近隣に進出してくるリスクもあります。

この場合には防ぎようがないので、来客数や売上げが減少してしまうリスクが想定されるでしょう。

まとめ

フランチャイズは想定していなかったようなさまざまなリスクがあります。

しかし、フランチャイズは既に一定の成功を納めているビジネスモデルなので、自営で新たなビジネスモデルをつくるよりもリスクが低めの傾向にあり、開業にかかる時間も少なく済む可能性が高いです。

さらに、経営や運営においてもサポートが得られますし、ノウハウの蓄積も可能なので、初めて自分でビジネスを始めるときにはなにかと安心といえるでしょう。

リスクをしっかり理解して、自ら考え、克服していくことがフランチャイズで成功する秘訣といえるのではないでしょうか。

フランチャイズで独立開業・起業するならコチラ

独立・開業・起業の比較情報サイト bgentフランチャイズ